カテゴリー「よくわからんイベントなど」の2件の記事

2010年6月29日 (火)

「フツーの仕事がしたい」上映会やります@北大

Photo

 今度の木曜日のイベントの告知でござる。何のイベントかというと、映画の上映会。こういうのはあんまり北大ではないので楽しみだね。上映されるのは「フツーの仕事がしたい」というドキュメンタリー。以下は、「フツーの仕事がしたい」のオフィシャルブログからの引用。

<北海道><自主上映>
上映会場:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟・2階・W203室 
2010/7/1(木)18:30開場/18:45開演
料金:無料
主催:「フツーの仕事がしたい」の普及がしたい会・北大支部
上映後、神沼公三郎教授(北大教職員組合執行委員長)と
土屋監督とのトーク有り。

北海道大学での上映が決定しました!
学生・教職員の有志の皆さまにより「フツーの仕事がしたい」の普及がしたい会・北大支部が結成され、上映会を企画していただきました。ありがとうございます。
昨年の札幌・シアターキノでの上映より約1年ぶり。
札幌での上映です!

 中身は見てもらえば早いのだけど、映画のあらすじは以下のような感じ(これもオフィシャルブログからの引用)。


皆倉信和さん(36歳)は、根っからの車好き。
高校卒業後、運送関係の仕事ばかりを転々とし、現在はセメント輸送運転手として働いている。
しかし、月552時間にも及ぶ労働時間ゆえ、家に帰れない日々が続き、心体ともにボロボロな状態。 「会社が赤字だから」と賃金も一方的に下がった。
生活に限界を感じた皆倉さんは、藁にもすがる思いで、ユニオン(労働組合)の扉を叩く。
ところが彼を待っていたのは、会社ぐるみのユニオン脱退工作だった。
生き残るための闘いが、否が応でも始まった

 ここ最近、派遣労働などの劣悪な労働環境についてクローズアップされることが増えてきたけれど、その現場に密着して労働争議を記録した映像と言うのはあまり聞いた(見た)ことがない。たぶん普通は映像にされないものなんだろう。

「フツーの仕事がしたい」 ・・・

状況の差こそあれ、心のなかでそうつぶやいたことのある人は多いだろう。
本作は、数値的にみれば明らかに「フツー」ではない労働環境 に身をおく主人公が、労働組合の力を借りて、「フツーの仕事」を獲得する過程を描くドキュメンタリーである。
この主人公の労働状況は特別 ひどいケースでありながらも、どこを切っても、いまこの社会を生きる自分につながっていると思わせる。

彼の口から
「この業界では、フツーだと思っていた。」
「(運転は) 好きなことだから仕方がない・・。」というような言葉が飛び出すとき、観る者は彼の問題をぐっと身近に感じるはずである。
もし、あなたが毎日の暮らしに追われ、自分の労働環境について立ち止まり考えたこともなかったとしたら・・・。

この映画体験は、おそらく自分がより良い状態で働き生きるための大きなヒントになるかもしれない。

 働くことの何たるかを考える上で、たぶん参考になるものだと思う。見たら見たで暗くなるかもわからんけど、虚飾ばっかりの企業宣伝を見て「わーいこの会社すてきー☆」とか言って、就活に挑むよりかはよっぽどマシな心の準備ができるだろう。まぁとにかく見てみたらいいと思うよ。

 個人的には朝日新聞の記事(竹信三恵子氏の書いた記事)で取り上げられているのを見て「あーこれ面白そうだなー見たい!」と前々から思っていて、「土屋監督を呼んで上映会やるか…」などと考えていた。そこでちょうどよく今回の上映会の話を聞いたので、「行くしかない!」となったのだ(だから僕はこの企画には直接噛んではいない。知り合いの人が関わっているけど)

 入場無料だし、お時間のある人はどうぞ。

 <追記!>

 土屋監督のインタビュー記事を発見したので、参考までに。

JANJAN NEWS記事 映画「フツーの仕事がしたい」で考える“労働”――土屋監督インタビュー

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

もうシャッター通りとは言わせない!!の巻

 今日も北大にて役立たずどもが集まり、妙な話し合いなんかをしてたのだけど、その報告は今度することにして、明日行われる妙なイベントについて告知しよう。

 っていうか微妙に日付変わったから今日じゃん!まぁ細かいことはどうでもいい。誰かがこんな時間にコレ読んでるのか。そんなこともどうでもいい。

 札幌駅のちょっと西の方にある発寒商店街(最寄り駅は地下鉄「発寒南」)というところで、北大法学部(公共政策大学院?)・准教授の中島岳志という男がコンセプトを出して、町おこし・コミュニティ作りみたいなことをしてるのだけど、そこでイベントがある。

 なんだかよく分からないが以下のような感じらしい。

 以下、引用

 

発寒商店街では5月15日(土曜日)に、空き店舗のシャッターを一斉にオープンし、無理矢理、一日だけ賑わった商店街にするというイベントを行います。題して「もうシャッター通りとは言わせない!!」。

 当日は、音楽ライブあり、落語会あり、地元の神社の祭りあり、無差別級古本市(札幌の古本ニューウェーブが集結!)あり、過疎化に悩まされる自治体の特産市あり、豚汁あり、子育て支援あり、潰れた酒屋のコップを全部売っちゃうぞ市あり、ニート支援事業あり、ヨーヨー釣りあり、コーヒー(100円)あり、各商店のワゴンセールあり、(そしてついでに私の講演あり)。
 まとまりやコンセプトなんて、この際、気にしていません!とにかくぱっと明
るい一日にしようという企画です。

 発寒商店街の空き店舗に興味がある方、漠然と店を始めてみたいと考えている方、楽しいことが好きな人、暇な人、最近ちょっと落ち込んでいる人、みんな発寒に集まりましょう!!

 引用ここまで

 なんだかよく分からないが、自治だのなんだの言ってる人間からしたら、やっぱり地域コミュニティみたいなのも大切だと思うので、ひとまず興味を持った次第である。この先生も、「私はノリだけで生きてますから」とか言うだけあって、後先考えないで色々やりはる。何かの参考になりそう。

参考までに、

中島先生のネット上の連載記事→「中島岳志の希望は商店街」 http://www.magazine9.jp/hacham/100512/

それから、中島先生の関わるコミュニティカフェのブログ→「カフェハチャム」
http://hacham.jp/

明日、昼前ぐらいに起きれたら行こうと思います。
興味のあるひとはぜひ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)