« 「いんないしゅうかい」やりますよ。 | トップページ | 「都市型狩猟採集生活」とはなんぞや! »

2011年5月22日 (日)

反原発ソングs

久しぶりの更新だけど、そんなことには特に触れず、今回はなんとなく反原発のメッセージを込めた曲を色々と紹介してみようかなと思ったので、動画を載せてみる。

今回の事故のことでもわかるように、原発というのはすさまじいタブー項目としてメディアでも扱われてるから、原発批判ソングってフツーのミュージシャンはまず歌わない(歌えない)みたい。

でも、ちらほら根性のある人たちによって曲が作られてたりするので、そういうのをちょっとだけまとめてみた。

☆ランキン&ダブアイヌバンド「誰にも見えない、匂いもない 2011」

日本語レゲエDJの父(?)、ランキンタクシーさんの曲。
今回は、20年くらい前に発表した曲をダブアイヌバンドと一緒に復活させた。ノリもいいし、皮肉もきいてるし、時事性が高くて素敵。
ランキンさんは、今回の反原発デモはもちろん、東京のマリファナマーチ(大麻の非犯罪化を求めて行われるデモ)にも参加したりしてるし、ガッツのある人ですね。

☆RCサクセション サマータイムブルース~LOVE ME TENDER

忌野清志郎率いるRCサクセションが1988年に発売されたカバーアルバム「COVERS」に収録されている二曲。このアルバムは、洋楽ロックの 名曲をRCがカバーしたアルバムなんだけど、なぜかオリジナルの歌詞ではなく、キヨシローが作詞した「政治的な」日本語歌詞で歌われている

このアルバムは、発売しようとした当初、所属するレコード会社からストップがかかって発売できなかった。会社側は、「素晴らしすぎて発売できない んです」とかわけのわからん言葉をぬかしたのだが、もちろん納得できないキヨシローは、「じゃあそうやって発表しろ!」と言ったため、発売中止の告知広告 には、「素晴らしすぎて発売できません」との文字が躍った。

ちなみに、発売が中止された理由は直接は発表されてないけど、事情はすっごく分かりやすい。このアルバムを発売中止にしたレコード会社は、東芝の 子会社(当時)である東芝EMIなのだけど、ご存知の通り東芝は(日立、三菱と並んで)原発を作っている「プラントメーカー」。子会社EMIから反原発ソ ングを発売されて批判されるのを避けるために、子会社に圧力をかけたというのが定説。

いやー大人の事情はきたなくてやだねw

ちなみにキヨシローはこの騒動の後で、「原発反対って言わなきゃいいんだろ?!」ということで、「原発賛成音頭」というシニカルな曲を歌ったりしてます。クール!

☆斉藤和義 ずっとウソだった

忌野清志郎をリスペクトしている(らしい)斉藤和義は、自身のヒットソング「ずっと好きだった」を替え歌にして、反原発ソング「ずっとウソだっ た」をネット上で発表。聞けば分かるけど、政府や電力会社のウソ(「安全です」)を批判している。所属事務所は、「本人の意思に基づいて発表したわけでは ない。うちわで撮影したものが出回ってしまっただけ」とか意味不明な言い訳をして火消しにかかったんだけど、こんな動画が投稿されたらネット上では祭りが 起きるに決まっていてw、あっという間に拡散。今では普通にようつべで見れるわけである。

これも悪くない曲だけど、「騙された」という表現はちょっと無邪気すぎる気がしないでもない。推進したい連中が騙そうとしてたのは事実だけど、う さんくさい「安全神話」によりかかったのは消費者の側でもあるわけで。「騙される側の責任」てのもあるよね。騙されてない人もたくさんいたわけだし。

☆Kraftwerk - Radioactivity

ドイツの電子音楽グループ、クラフトワークの曲。
クラフトワークといえば、「ロボット」やら「鉄道」やらをテーマに曲をつくっている「テクノロジーフェチ」みたいな人達なんだけど(ていうか彼ら 自身の愛称が「ロボット」だしw)、この曲はそんなテクノロジーの(ある種の)先端である原子力をテーマにしている。Radioactivityって「放射能」だしね。

この曲が最初に発表された時は、別に反原子力ソングではなかったんだけど、80年代以降は原子力関連の地名(「チェルノブイリ」、米スリーマイル 島のある「ハリスバーグ」、「ヒロシマ」、英の再処理工場「セラフィールド」)や、「STOP Radioactivity」などの歌詞が追加されて歌われるようになった。やっぱ時代的なもんですかね。

ちなみに、この曲が元々おさめられていたアルバムRadioactivityは、邦題は「放射能」となっていたけど、同時に「ラジオの活動」という意味もあって、アルバム収録曲の半分は、ラジオに関する曲だったってのがちょっと面白いw

―――――

核・原発批判ソングとしては、加藤登紀子の「原発ジプシー」とか、ブルーハーツの「チェルノブイリ」とか、佐野元春の「警告どおり 計画どおり」とか、(個人的にはあんまり好きじゃないんだけどw)最近発表されたECDの曲とか、けっこう色々あるけど、今日は割愛!
なんかオススメの曲などあったら、誰か教えてください。

☆おまけ


 

|

« 「いんないしゅうかい」やりますよ。 | トップページ | 「都市型狩猟採集生活」とはなんぞや! »

時事的なこととか、政治的なこと」カテゴリの記事

コメント

Kraftwerk - Radioactivity  100000年後の安全で使われてた曲ですね。パンクロックでも反原発ソング、ありそう。僕はDir en Grey- Vinushka が好きです。戦争や原子力の被害の残酷さに怒り悲しみを叫ぶ曲です。
http://www.youtube.com/watch?annotation_id=annotation_895060&v=NdceudJz8jA&feature=iv

投稿: きっしー | 2011年6月10日 (金) 19時04分

こいつもすごいインパクト。

FRYING DUTCHMAN humanERROR
http://www.youtube.com/watch?v=ENBV0oUjvs0&feature=share

投稿: O瀧 | 2011年12月10日 (土) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235827/40090484

この記事へのトラックバック一覧です: 反原発ソングs:

« 「いんないしゅうかい」やりますよ。 | トップページ | 「都市型狩猟採集生活」とはなんぞや! »