« 宮下公園の行政代執行 | トップページ | 問題が燃え上がるとき、常に感性の火の粉が飛び散っている »

2010年10月27日 (水)

就活がくたばるか、あるいは僕たちがくたばるか。(就活くたばれデモ2010!)

 さて、今年もなんだかんだ言っているうちにもう10月終わりになってしまった。昨年、就活くたばれデモを企画してから、もう1年近く経とうとしているなんて、早いような、そうでもないような。

 昨年、無謀にも「就活くたばれデモ」なる企画を実行してから、じわじわとかなりの反響があった。まず、東京にデモが波及したこと。雑誌やら新聞やらの取材を何件か受けたこと(週刊金曜日にいたっては表紙を飾ってしまったw)。「就活のバカヤロー」という本の著者である、石渡氏と、イベントで同席する機会があったこと。それから、先日の阿佐ヶ谷ロフトでのイベントにゲストとして呼ばれたこと(あとはこまごまとしたところで、インタビューを受けたりということもちらほら)。

 僕らの件とは別に、メディアなどでも大学生の就活を取り巻く状況について、アレコレと報道されることも増えたように感じる。また、就活の問題点の一つとして、「新卒一括採用」のシステムにメスが入れられるような対策も見え始めている。一年前、デモを企画した時点に比べて、問題が少しずつ認知されてきたような、そんな感もある……

 しかし、そう簡単には問題が解決するはずもなく、今年も続く「就職氷河期」状態は、一部の「勝ち組」(その実態がどれほどのものかは置いておいても)と、多くの就職留年学生、ワーキングプア、ニート、ブラック企業の奴隷を量産しようとしている。なんだか、ろくでもないことばっかりじゃないか。

Photo_3

 ということで、今年も就活に対する異議申し立てをし、不満をぶちまけるためにデモをやることにする。たぶん11月23日(勤労感謝の日)にやる予定。

 まだ、呼びかけ文は出ていないが、現時点で既に札幌・大阪・松山(愛媛)での行動が決定している!そして、まだ正式決定ではないが、東京でも同時行動するための準備が進められている。すごい!もはや全国的な規模になっているじゃないかww

 全国各地で、同時行動を起こす人達が出てくれば、「若いやつだって大人しくしてるわけじゃないんだぞ!」というメッセージを、社会に対してより強く発信できる。「まったく今の若いやつは大人しいから、こき使うのに都合がいいなぁ」などと偉そうにふんぞり返っている連中をビビらせる効果は十分にあるんじゃあないかと思う。今の若い人はデモなんかしないから、逆にその中であえてデモをするやつはマジなのだ。人数の多寡に関わらずビビるに違いない!

 もちろん、デモをすることで「すぐに何かが変わる」とは考えづらい。現実はそんなに甘くないことは承知だ。しかし、黙ってじっとしていることで物事が変わることは、もっと期待しづらい。そもそも声をあげる人間がいなければ、どんな問題でも政治的には「ないもの」とされてしまうのだ。

 だから、不満や疑問を声にするだけでも、大いに意味がある。これは間違いない。そして、デモをするというのはとても楽しいことだ(そもそも僕が就活くたばれデモを最初にやりたいと思ったときの動機は、「デモがしたい!」という子どものようなものだったということはここでは秘密にしておくが)。 自動車が交通するためだけのモノに成り下がった道路を「公道」(公的な機能を持った道)として捉えなおし、一時的な解放区を作るデモという手法はもっと見直されてもいいはず。楽しいことはいくらでもやった方がいい。あ、今年の札幌でのデモはサウンドデモをやる予定。DJ募集中w

 ということで、「自分も就活に異議申し立てするための行動に協力したい!」という人は、ぜひ一緒に作戦を立てましょう!

 主張する内容については、これもっと詰めていこうとは思うけれど、基本的には「アンフェアな就活の制度」についてフォーカスを当てて主張していくつもり。たとえば、新卒一括採用、就活の早期化・長期化、地域格差、「コミュニケーション能力」の偏重などなど…(このあたり、就活の制度的な問題点は挙げたらキリがない)

 まだ、各地での正式な連絡窓口は立ち上がっていないけれど、僕は各代表の連絡先も把握しているので、メールなどをもらえたら、紹介したいと思います。ぜひ、就活の不合理な現状を変えるために、一緒に行動を起こしましょう(他にも、他地域で「こっちでもデモをしたい!」という人がいれば連絡ください。全面的にアドバイス・サポートなどします)。

 〇札幌の就活くたばれデモ窓口はこちら↓

就活くたばれデモ実行委員会@札幌blog http://blog.goo.ne.jp/tomato-saibai 

→mixiコミュニティ 就活がムカつく! http://mixi.jp/view_community.pl?id=4630019

→メールアドレス tomato-saibai@mail.goo.ne.jp

→電話 080-3532-6784 (オオタキ)

※IDに「tomato」と入っていることに深い意味はありませんw

〇おまけ (去年のデモ告知でも載せた、東京のインディーズメーデーの動画) この動画好きなんだよなーこんな感じになったらその時点で勝ち。

|

« 宮下公園の行政代執行 | トップページ | 問題が燃え上がるとき、常に感性の火の粉が飛び散っている »

就活くたばれ」カテゴリの記事

コメント

はじめてコメントいたします。
大阪府の某私立大学文学部3年生です。
どれだけ、大瀧さんの就活くたばれデモ(の記事等)に衝撃を受けたか…
自分の、言葉にならない「就活イヤー」という気持ちを、見事言葉にして確立してくれて(?)しまったのです。

たしかにTVや新聞等では、「氷河期でタイヘン!」というもの以外にも、新卒一括採用システム自体に言及しているものが増えてきているように感じます。

私は、新卒カードを持っているうちは、とりあえず内定というニンジンを追いかけます。(けれど、デモに参加してみたい気持もあります。これは矛盾していないかと。)

投稿: | 2010年11月 2日 (火) 01時26分

コメントありがとうございます。

就活って、学生であればみんなどこか違和感を持っているものだと思うんですけれど、なかなか「ここが問題だ!」とはっきりとは分からないものなんですよね。僕も友人達が就活を始めるまでは、その問題点がよく分かりませんでしたし。

上でも告知したように、大阪の方でもデモ(パレードという名前ですがw)をやるので、ぜひ参加してみてください!
http://blog.livedoor.jp/kokohenshukatsu/

「就活を控えて参加するのは…」と思うかもしれませんが、「問題意識を持ちつつ、しかしそのレールに乗る」というのは十分にアリだと思います。
物事は決して二択で済む様なことばかりではありませんし、あえて二択にさせようとする言葉には気をつけたほうがいいですよw

ぜひ、デモ(パレード)の解放的な空気を体験してみてください。


投稿: O瀧 | 2010年11月 2日 (火) 09時33分

はじめまして、black sunと申します。
単刀直入ですが、実は私「就活くたばれ」のひそかなファンです。
不覚にも動画まで見てしまいました。
その中での「尿意」に関するかけ合いは非常に印象に残っております。
「どうせなら、むかつく奴の家の前にションベンひっかけてやれ!」という(笑)

私は既卒ですし、共同体に属していない空白がそれなりにあり、ハナから就職ということを考えたことがありません。
従って、「就活」の実態に関する理解もなければ怒りもないのです。
しかし、どうしても惹きつけられるものがある。
それはおそらく、貴殿の「本音・本能を撲殺し、『苦しみが美徳』なんてアホな共同幻想を蔓延させんじゃねえよ!!」というエネルギーにあるのだと思います。
「友あり、遠方に。また嬉しからずや」と少々ほくそ笑んでおります(古典の知識は皆無)

(場所が北海道ということで二の足を踏んでおったのですが)
大阪でも開かれるということでしたら、非常に楽しみです。
いよいよ「革命」をおこすという段になれば、核弾頭として特攻しますので何なりと(笑)

投稿: black sun | 2010年11月 9日 (火) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235827/37364841

この記事へのトラックバック一覧です: 就活がくたばるか、あるいは僕たちがくたばるか。(就活くたばれデモ2010!):

« 宮下公園の行政代執行 | トップページ | 問題が燃え上がるとき、常に感性の火の粉が飛び散っている »