« 内定ブルーと、就活「後」についての雑感 | トップページ | 宮下公園の封鎖について »

2010年9月18日 (土)

10月2日に、阿佐ヶ谷ロフトでイベントするよー

 今度の10月2日(土)、東京の阿佐ヶ谷ロフトというところで開かれるイベントに、なぜか僕がゲストとして参加のお誘いを受けたので、その告知をしておく。もっと早く告知しようと思っていたのだけど、気付いたらもう10日前ぐらいになってしまっていた。あわてながら掲載。

氷河期世代ユニオン presents
考えよう、若者の雇用と未来~働くことと、生きること~

かつて、就職氷河期と呼ばれた時代に社会に送り出された若者たちの多くは、限られた選択肢の中から不本意な就職先を受け入れ、2008年以降、再び訪れた不況と同時にその職を追われました。
総務省が今年5月に発表した調査によると、2010年1-3月期の完全失業者数は332万人、うち1年以上の完全失業者は114万人という結果が示されています。
年齢相応のキャリア形成もままならないまま職を追われた若者たちは、既に「若者」と言える年齢からも遠ざかり、新たな就職先も見つからないまま、未来に希望を見い出せないでいます。

一方、企業の新卒採用に乗り遅れれば後が無い学生たちは、
年々、早期化・長期化する「就活」に追われ、大学も、そうした風潮を後押しし、就職予備校と揶揄されるほど、学生の就職率アップに躍起になっています。
果たして、これまで私たちが目指してきた社会とは、こうした不公平で息苦しい社会だったのでしょうか?
いま、改めて問い直さなければならない、働くことと、生きること・・・とは?

【第1部】 氷河期世代の苦悩
求人広告、履歴書、職務経歴書、職業訓練のほか、年齢、学歴、性別、容姿などの差別をキーワードにトークセッション

【第2部】 「就活」の現在(いま)
新卒一括採用、エントリーシート、自己分析、インターンシップ、自己PR、企業説明会、大学の就職予備校化、就活の早期化と長期化、リクナビ・マイナビ、交通費などをキーワードにトークセッション

【第3部】 働くことと、生きること
働くことと、生きることをテーマにトークセッション

【司会】
荻上チキ(批評家)
【出演】
雨宮処凛(作家)
赤木智弘(フリーライター)
山内太地(大学ジャーナリスト)
ペペ長谷川(だめ連)
大友秀逸(加藤智大被告の元同僚)
清水直子(ライター・フリーター全般労働組合)
塩見孝也(元赤軍派議長)
増澤諒(就活生の本音フェス実行委員会代表)
大瀧雅史(就活くたばれデモ@札幌・首謀者)
AT(氷河期世代ユニオン)ほか ※ 敬称略

10月2日(土) OPEN18:00 / START19:00
前売¥1,500/当日¥1,700(共に飲食代別)

問合せ : hyougakisedai@gmail.com
主 催 : 氷河期世代ユニオン
URL : http://www.loft-prj.co.jp/lofta/schedule/lofta.cgi?year=2010&month=10
Twitter:#hyougakisedai
※当日はニコニコ動画によるライブ中継があります。
※出演者は都合により変更になる可能性があります。
前売りチケットは8月25日よりローソンチケット【L:31740】
当店のウェブ&電話にて販売開始

 スケジュールが載ってるロフトのページはこちら→http://www.loft-prj.co.jp/lofta/schedule/lofta.cgi?year=2010&month=10

 本来であれば、このイベントの僕の座は、「就活のバカヤロー!!デモ」を企画した早稲田のHくんが出る予定だったのだけど、彼がこの日に外せない用事があって、僕が代打として依頼されたのである。それから、僕とこのイベントを企画している氷河期世代ユニオンの小島さんが知り合いだったことも理由。まったく知らない人から依頼が来たわけではない。

 にしても、友人にこのイベントのことを話すと、このそうそうたるメンツに「すごいじゃないか!」といわれたりするんだけど(そして実際すごい人ばっかりなんだけど)、僕はテキトーなので、あまり深いことは考えていないのである。色んな人と色んな話ができたらいいかな、なんて。ちなみにこのイベントはそれぞれの部で「メインステージ」と「サブステージ」の二つがあり、僕は第二部のメインステージと、第三部のサブステージで登壇する予定。

 ちなみに、上のゲスト一覧のところに、「就活生の本音フェス実行委員会代表」という肩書きの増澤さんという人がいるのだけど、この「就活の本音フェス」というイベントはつい先日、東京の代々木公園で行われたもので、主旨は就活に関する本音を表現すること。もっと直接的には「就活に対するネガティブな思い」を表現することが目的とのことで、新卒採用にブチ切れる茂木健一郎氏などゲストとしてを呼んで開催された。

 このイベントについては、「就活の問題提起をする」という点ではとてもいいことだと思うけれど、就活ビジネスで儲けてるようなセミナーのやつらを呼んでて、果たして本音がぶちまけられるのかなど、少し疑問なところもあった。僕だったら、「俺はお前らが気に食わないんだよ!」と(就活セミナーの輩に)ヤジでも飛ばしたくなると思う。 まぁ直接、参加したわけでもない僕に偉そうなことが言えるわけじゃないんだけど。企業から協賛などをもらって、開催していることについて、僕の知り合いは、「資本主義の匂いのするイベント」などと冗談を言っていたw まぁ僕とはちょっと毛並みの違うような印象は受けた。 (ちなみに茂木さんの録画した動画を見ると、茂木さんは歯に衣着せぬ本音を言いまくっていて、それはそれで面白いw →就活生の本音フェス(1)2010年9月14日 まぁ彼はかなり上から目線なので、それは気になるけどね)

 いや、印象論で「なんか違う」とか語るのはよくないんだけどさ。。

 

 ただ、この増澤さんに関しては、「いったいどんな人なんだろうか」と僕はかなり興味を持っている。雨宮処凛さんにコンタクトを取って、インタビューしてもらうぐらいだから、どこか僕とも近いセンスもあるのではないかと想像したりする (参考→ 雨宮処凛がゆく!「新卒」至上主義って変じゃない? 〜「就活」不条理劇場〜 その1。の巻

 まぁともかく、阿佐ヶ谷ロフトのイベントでは色んな人がゲストとして来るので、できれば多くの人に、当日足を運んでもらえたら嬉しい。東京のイベントなので、難しい人も沢山いると思うので、そういう人は、(上の告知にも書いてあったけど)ニコニコ動画での生中継を見てみてくだされ(URLはよくわからないので、また更新するかツイッターででも告知したいと思う)  →URLはこちら http://live.nicovideo.jp/gate/lv27956361

 下の窓からも見れるらしい。。

|

« 内定ブルーと、就活「後」についての雑感 | トップページ | 宮下公園の封鎖について »

就活くたばれ」カテゴリの記事

コメント

お前まだこんなことやってたんか。北大の恥だからやめろよ。マジで

投稿: | 2010年10月 2日 (土) 09時55分

↑人に向かって「○○の恥」とか言っちゃうアナタって恥ずかしい人だね。

投稿: | 2010年10月 5日 (火) 07時49分

はじめまして。就活デモで検索して来ました。行動力があって素晴らしいと思います。
就活デモに関して私が調べていたなかで
「高学歴や能力のある人が今の就活によって採用されず、これに参加しているならわかるがFランの人が参加しているのはただの責任転換、甘えだ。」
というコメントを見ましたがそれについてはどう思っていますか?本音をお聞かせください。

投稿: あすむ | 2010年10月 6日 (水) 04時04分

>あすむさん

コメントありがとうございます。

現在の資本主義システムの中では(特に日本では)、雇用というのが大きなセーフティネットになっています。早い話が「働かざるもの食うべからず」な社会です。職がないと生きていけないわけです。

で、大学の偏差値やら「優秀かどうか」、あるいは「努力したか」ということについて(それ自体が個人の問題では割り切れない環境要因も含むことを置いて)、本人に過失があったとしても「働き口がなくても仕方ない」とはならないと思います。

別の言い方をすると、「働き口がなくても仕方ない」というのは「死んでも仕方ない」にかなり近いものがありますが、その「本人の過失」は「野垂れ死んでも仕方ない」レベルだとは思いません。

僕のモットーは「ダメ人間でも生きられる社会」なので、どんな人でも生きるための手助けを得られるように、社会がサポートすることが大切だと思います。それは一方的な「施し」ではなく、自分が困窮した時にもサポートを受けられるという「お互い様」の精神によるものなんではないかなと思います。

分かりにくい表現で失礼しました。

投稿: O瀧 | 2010年10月10日 (日) 02時29分

いえ、とてもわかりやすいです。いつの時代も国にも落ちこぼれ、ダメ人間は必ずいると思います。(景気に関係なくやる気はあるが就職の出来ない人)その人達に対して「今まで努力しなかったんだから生きていかなくても良い」と言える社会には疑問を持ちます。
「ダメ人間でも生きられる社会」に私も賛成です。思い切って聞いてみてよかったです。

投稿: あすむ | 2010年10月19日 (火) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235827/36811534

この記事へのトラックバック一覧です: 10月2日に、阿佐ヶ谷ロフトでイベントするよー:

« 内定ブルーと、就活「後」についての雑感 | トップページ | 宮下公園の封鎖について »