« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の記事

2010年7月 6日 (火)

就職留年7万9000人…いっそ反乱起せばいいじゃんw

 なんだか今の大学制度やら就職制度やらの歪みを象徴するような記事を見つけたので、転載してみる。

就職留年7万9000人、大卒予定7人に1人
2010年7月6日03時08分  読売新聞

 卒業年限を迎えながら留年する学生が全国の大学で少なくとも7万9000人いると推計されることが、読売新聞の「大学の実力」調査で明らかになった。

 根強い企業の「新卒一括採用」を背景に、就職が決まらず翌年に再び「新卒」として就職活動(就活)に臨む学生が急増している。卒業予定者数は約56万8000人で、7人に1人は留年している計算になり、就職戦線のさらなる激化を招いている。就職留年の実態が具体的に明らかになったのは初めて。

 「大学の実力」調査は、全国の国公私立4年制大学(通信制などを除く)735校を対象に2年前から実施。3回目の今年は、就職支援の取り組みを中心に卒業者数や就職者数など約50項目を尋ね、約80%の589校が回答した。その中で、卒業年次に在籍する卒業予定者と、実際の卒業者との差が、2009年度は約7万9000人に上ることが判明。この差について主な20大学で追跡調査した。

 この結果、〈1〉退学・留学・死亡など留年以外の理由がほとんどない〈2〉細かい実態は不明だが、留年者のほとんどは就職活動の不調が理由と見られる〈3〉成績不良による留年は3年次までに集中し、卒業年次では例外的――などの回答が得られ、約7万9000人のほぼすべてが就職留年者である可能性が極めて高いことが分かった。「大学の実力」調査の回答率(8割)から単純計算すると、就職留年者の総数は約10万人に上る可能性もある。

 就職の実態については毎年4月1日時点で国が推計値を出しており、今年は就職率91・8%と発表している。だが、この推計は、就職を希望した卒業者を対象に調べたもの。留年者は、調査対象に入っておらず、数もこれまで未把握だった。

 ◆卒業者含め「浪人」11万人

 国の調査では、約3万1000人が、就職が決まらないまま卒業している。今回、明らかになった留年者約7万9000人を合わせると就職浪人は約11万人となり、その分、就職戦線が激化している計算になる。

 大学の中には、留年者の学費を一部免除するなど、対策を講じるところも出ているが、大半の大学では、就職留年の詳しい実態をつかんでいない。在籍学生数が学部定員の一定割合を超えると補助金カットなどのペナルティーが科されることもあり、対策を実施しているのは一部の大学に限定されている。

 今月3日、東京の私立大学が開いた企業合同セミナーに、この春希望する会社に入れず留年した文学部4年の男子学生(24)の姿があった。今年も既に20社の選考を受けたが、内々定はまだ一つもない。2日前には家電メーカーに最終面接で落とされた。「厳しい。最後まで行ったのに……」と肩を落としていた。

 ◇就活=就職活動を縮めた最近の呼び方。一般的に3年生の10月ごろ、就職情報サイトで志望企業に登録して始まり、4年生の4月1日以降に本格化する選考・内定で終わる。この間、学生は、企業の説明会への出席やOB訪問で、志望企業を絞り込む。
(2010年7月6日03時08分  読売新聞)

 なんてろくでもないニュースだろうか。いや、ろくでもないのはニュースの内容であって、ニュース自体ではないのだけど。いや、でもニュース自体もひどいかw

 そもそも新卒一括採用などという、日本の伝統wが問題なのに、それについての批判が新聞やテレビなどではほとんど全く取り上げられないのがひどい。この本文にも、さらっと

>根強い企業の「新卒一括採用」を背景に

などと書いてあるが、その企業の中には新聞などのメディアもしっかり含まれているはずである(もちろん、企業ごとに違うとは思うけれど)。それを棚に上げて、澄ました顔で「こういうことが起こってるみたいだよー」と言われても、なんだかしっくりこない。「他人事でいい気なもんですね」と皮肉の一つでも言いたくなる。

 もう、こんな内容について、「だから就活はひどいんだ」なんて取り上げる気はしないけど、でも一つだけ言っておくと、これは実感としてもよく分かる話だなと思った。何せ僕のまわりでも、「就職が決まらなかったりして留年」みたいな人はとても多いからだ。別に何にも珍しくない。「就職が決まらないから留年」とか「休学」とかいうのはよく聞く話だ。

 たぶん、これに加えて「就職がままならないから、とりあえず(大学院)進学」という人を加えたら、かなりの数字になるんじゃないかと思う。

 

 日本の企業が「新卒一括採用」なんていうふざけた制度を維持して、採用数を絞ったりということを当たり前にやっているのか僕にはよく分からないし、そんなものを押し付けられて黙っている若者もよく分からない。若者は雇用の調整弁じゃない。「やつらの論理」を押し付けられなければいけない理由はどこにもない。

 ということで、そんなふざけた状況にカウンターパンチをかますことをまた考えている。僕は、今年の11月23日(勤労感謝の日)にも就活に異議申し立てをするデモを行う予定である。去年は二箇所だけだったけど、今年は4、5箇所ぐらいで同時にできるんじゃないかと画策中。反乱の波が大きくなるのを見るのは楽しいw

 

 別にデモが万能だという気はさらさらないし、それ以外の手法も積極的に行っていくべきだと思う。「デモって違和感が…」と(食わず嫌いで)敬遠する人は、何か別のやり方をやったらいいと思う。とにかく重要なのは、こんなふざけた状況を押し付けられて、黙っていていいのかということだ。

 

 日本人は問題に直面しても声を上げないで、「ただ黙って耐え忍ぶ」ことを美徳だとしている節があるけれど、そんなものはろくでもない自己満足に過ぎない。黙っていたところで誰にも気付いてくれないし、権利は行使の中にしか存在しない。物分りがよすぎるのも考えものだ。

 就職留年することを決めた人が7万9000人もいることが分かったのだから、「せっかくだし一斉行動を起こしたらいいじゃない」などと思ってしまう。道路を埋め尽くすデモ隊とか、想像しただけで嬉しくなってしまうw きっと、こんな制度の上で安穏としているやつらをビビらせることはそんなに難しくないと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »