« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の記事

2010年6月29日 (火)

「フツーの仕事がしたい」上映会やります@北大

Photo

 今度の木曜日のイベントの告知でござる。何のイベントかというと、映画の上映会。こういうのはあんまり北大ではないので楽しみだね。上映されるのは「フツーの仕事がしたい」というドキュメンタリー。以下は、「フツーの仕事がしたい」のオフィシャルブログからの引用。

<北海道><自主上映>
上映会場:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟・2階・W203室 
2010/7/1(木)18:30開場/18:45開演
料金:無料
主催:「フツーの仕事がしたい」の普及がしたい会・北大支部
上映後、神沼公三郎教授(北大教職員組合執行委員長)と
土屋監督とのトーク有り。

北海道大学での上映が決定しました!
学生・教職員の有志の皆さまにより「フツーの仕事がしたい」の普及がしたい会・北大支部が結成され、上映会を企画していただきました。ありがとうございます。
昨年の札幌・シアターキノでの上映より約1年ぶり。
札幌での上映です!

 中身は見てもらえば早いのだけど、映画のあらすじは以下のような感じ(これもオフィシャルブログからの引用)。


皆倉信和さん(36歳)は、根っからの車好き。
高校卒業後、運送関係の仕事ばかりを転々とし、現在はセメント輸送運転手として働いている。
しかし、月552時間にも及ぶ労働時間ゆえ、家に帰れない日々が続き、心体ともにボロボロな状態。 「会社が赤字だから」と賃金も一方的に下がった。
生活に限界を感じた皆倉さんは、藁にもすがる思いで、ユニオン(労働組合)の扉を叩く。
ところが彼を待っていたのは、会社ぐるみのユニオン脱退工作だった。
生き残るための闘いが、否が応でも始まった

 ここ最近、派遣労働などの劣悪な労働環境についてクローズアップされることが増えてきたけれど、その現場に密着して労働争議を記録した映像と言うのはあまり聞いた(見た)ことがない。たぶん普通は映像にされないものなんだろう。

「フツーの仕事がしたい」 ・・・

状況の差こそあれ、心のなかでそうつぶやいたことのある人は多いだろう。
本作は、数値的にみれば明らかに「フツー」ではない労働環境 に身をおく主人公が、労働組合の力を借りて、「フツーの仕事」を獲得する過程を描くドキュメンタリーである。
この主人公の労働状況は特別 ひどいケースでありながらも、どこを切っても、いまこの社会を生きる自分につながっていると思わせる。

彼の口から
「この業界では、フツーだと思っていた。」
「(運転は) 好きなことだから仕方がない・・。」というような言葉が飛び出すとき、観る者は彼の問題をぐっと身近に感じるはずである。
もし、あなたが毎日の暮らしに追われ、自分の労働環境について立ち止まり考えたこともなかったとしたら・・・。

この映画体験は、おそらく自分がより良い状態で働き生きるための大きなヒントになるかもしれない。

 働くことの何たるかを考える上で、たぶん参考になるものだと思う。見たら見たで暗くなるかもわからんけど、虚飾ばっかりの企業宣伝を見て「わーいこの会社すてきー☆」とか言って、就活に挑むよりかはよっぽどマシな心の準備ができるだろう。まぁとにかく見てみたらいいと思うよ。

 個人的には朝日新聞の記事(竹信三恵子氏の書いた記事)で取り上げられているのを見て「あーこれ面白そうだなー見たい!」と前々から思っていて、「土屋監督を呼んで上映会やるか…」などと考えていた。そこでちょうどよく今回の上映会の話を聞いたので、「行くしかない!」となったのだ(だから僕はこの企画には直接噛んではいない。知り合いの人が関わっているけど)

 入場無料だし、お時間のある人はどうぞ。

 <追記!>

 土屋監督のインタビュー記事を発見したので、参考までに。

JANJAN NEWS記事 映画「フツーの仕事がしたい」で考える“労働”――土屋監督インタビュー

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

ustreamとウマと石渡氏と

 このブログで告知したとおり、この前の火曜日に、「就活のバカヤローを振り返る対談」と銘打って、先日の石渡氏講演イベントで語りきれなかった就活についての内容について色々と語りまくった。就活がはらむ幅広い問題点について、(取り留めのない形になってしまったかもしれないが)話せてよかった。ついでにustreamでの放送の可能性についても、色々と感じるものがあった。うん、やってよかった。

 

一応、アーカイブを残してあるので、時間のある人は見てみてもらえると嬉しい。大体2時間ぐらいあるので、ラジオみたいな感じで聞きながら別の作業なんかするのがちょうどよいかも(ちなみに、最初の10分ぐらい、音声の入力方法が分からず調整している姿が延々と映っているので、そこは飛ばして見るとなお良いかと)

 URLはこちら→http://www.ustream.tv/recorded/7823982 「就活のバカヤローを振り返る対談」

 ちなみに、これと平行して、就活デモメンバーである「獣医学部のウマくん」と石渡氏の二人が、メールやらブログやらであーだこーだやっていたのだけど、なんか石渡氏も「バカバカしい」とか言って相手にするのやめているし、ウマくんも不満ながらもどうでもよさそうなので、ここで取り上げるまでもないかなと思ったw

 ただ、個人的な感想としては、うかつなことをブログで書いたり、「事実と違う」と指摘されると意固地な態度をとったりする石渡氏は「ちょっとオトナげないなぁ」などと思った。素朴な感想。

 ウマくんによると、石渡氏の発想は「賃労働は人間が生きる上で必要なことで、どれだけ社会に貢献しているように見えるものでも、金銭を生み出さないならば自己満足に過ぎない」というものらしい。僕はこの発想が生まれる理由がよくわからないし、そもそも「公的労働(=賃労働)」のみを絶対視している点で、ジェンダー的な問題点を抱えていると思う(要するに、社会的にはこれほど重要なことはないというほど重要であるにも関わらず、女性が「愛の労働」として無償で押し付けられてきた家事・育児・介護などの存在を全くバカにしている、ということ)。

 僕は、もし生活が保障されているのであれば別に必ずしも賃労働に従事する必要はないと思う(もちろん、やりたければやればいい)。何らかの形での社会参加はあった方がよいかなと思うけれど、それが金銭を伴わなければいけないとは決して思わないし、「社会参加なんて絶対イヤだ!」という人がいれば、それはそれで一つの価値観だと思う。

 ウマくんは石渡氏の発想について、「金銭を伴ってるからって偉いと思うのは間違いだ。実際、石渡氏の本なんかよりも無償で面白い動画を作るニコニコ動画の職人の方が、僕にとっては価値がある」と(ustreamの中継時に)言い放った。それを見ていた石渡氏は、自身のブログで就活デモについての素朴な疑問について述べた後で「しょせんは「ニコニコ動画職人よりつまらない」(爆)と言われるような人間の素朴な疑問なので、スルーしてください(笑)」と書いている。
 うーん、こういう態度がどうも子どもっぽいように見えるのは、たぶん僕だけじゃないと思うんだけど。まぁなんでもいいや。

 (石渡氏の就活デモについての批判は、なんだか印象論みたいな感じで、あんまり論理的でもないので、「参考にさせてもらいます」というところに留めておきます)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

「就活のバカヤローを振り返る対(鼎)談」やります!

 このブログでも告知したとおり、先日の18日には「就活のバカヤロー」の著者である、石渡嶺司氏の講演会(+α)が北大で行われ、200人以上の観客が来場してくださった(会場のキャパはたしか300人ぐらい)。

 で、第一部で石渡氏の講演と、それから第二部として就活くたばれデモのメンバー3人と石渡氏のディスカッションが行われた。

 進行は予想通りだったのだが、若干時間が押し、元々の時間設定も短かったため(講演1時間、ディスカッション30分)、後半は話を掘り下げられずに不完全燃焼で終わってしまった感があった。

 まぁある程度予想通りと言えばそうなのだが僕たちと石渡氏では、同じ就活について語っていても、あまりにパラダイムが違うので、そこで齟齬が起きたりとなんだか話がかみ合わないような感じだった。

 来場した人の中には、「就活デモの人たちは何が言いたいのかよくわからん」と感じてしまった人もいたかもしれない。こちらとしても、言いたいことが十分に言えた気がしないし、ちょっともどかしい気持ち。

 

 そこで、僕とウマくん、それから企画代表の山浦さんで、「就活のバカヤローを振り返る対(鼎)談」を、いわばメインイベントの「鎮魂祭」として行うことになった。というか、僕がウマくんに「喋り足りないからやろうよー」と持ちかけて、適当なウマくんが「いいっすよー」と応じた形。

 これは別に立派なイベントとしてやるわけではなく、あくまで自分達が「喋りたいからやる」と言う感じで行う。形式は、対談(もしくは鼎談)をしている様子をustream配信する形。石渡氏がブログで書いていた懇談会の話についても、ウマ氏に大いに語ってもらう予定。

 

実行は、なんとあした(22日)。時間は夜9時からを予定。特に大きな準備もなくて、全世界に発信できるなんてすごいことだ!

 URLはこちらの予定→→http://ustre.am/iyxe 時間になると映像が流れるはず。

 

 イベントに参加できなかった人にも分かるように、当日の様子を振り返るところから始めようと思うので、ぜひヒマな人はよろしくお願いしまする。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

「就活のバカヤロー」石渡の就活トークライブ in北大、というイベントのゲストで

 久しぶりのブログ記事はイベントのお知らせ。なんでそうなったのかはよく分からないがw、ベストセラー「就活のバカヤロー」の著者である石渡嶺司氏が北大で講演するついでで、札幌の就活デモメンバーがトークするということになったw

 詳細については、このイベントのためのブログがあるので、そこからかいつまんで書いてみると以下のような感じ。

「就活のバカヤロー」石渡の就活トークライブin北大

日時:6月18日(金)19:00~20:30(18:30開場)
場所:北大クラーク会館 大講堂(札幌駅徒歩5分)
対象:北大生、他大生、一般の方も大歓迎!
参加費:無料
参加申込 or 迷っている or 詳しく聞きたい方
kouenyamaura@gmail.com に①名前②所属を書いて連絡下さい☆
ついったーでもどうぞ 
@yutayamaura

19:00~20:00 第一部 石渡嶺司氏の講演
20:00~20:30 第二部 石渡氏とゲスト「就活くたばれ」デモのメンバーとの対談
20:30 終了

〇講演者 石渡嶺司氏

ライター・大学ジャーナリスト
1975年北海道札幌市生まれ→東洋大学社会学部社会学科卒業→2003年にライターとして独立

大学・教育問題や学生の就職活動などを中心に評論・執筆活動を行い、全国300校以上の大学を見学して回っている。
著書
『転職は1億円損をする』 (角川oneテーマ21)
『最高学府はバカだらけ』 (光文社新書)
『進路図鑑2010 』 (光文社ペーパーバックス)
『就活のバカヤロー』   (光文社新書)
『強 い就活!』 (ディスカバー・トゥエンティワン)
など
ブログ   ライター石渡嶺司のブログ
ツイッター @ishiwatarireiji


 主催はこのイベントの実行委員会で、僕は企画には関わってない。主催者の山浦さんの話によると、「トークの内容については、基本的に石渡氏任せ」とのこと。この石渡さん、ツイッターを見てると分かるのだけど、色んなところで講演会をやったり、座談会をやったりと、まぁ話したりするのが好きな人のよう。ふだん話していることなどを話してくれる模様。個人的にも、そういうゆるいのは嫌いじゃない。僕も何を話すのかはまったく考えてない。

 ちなみに、僕の紹介は以下のような感じ。

〇ゲスト 大滝雅史君 「就活くたばれ」デモメンバー(一部)

北海道大学、文学部
昨年11月に札幌で行われた「就活くたばれ」デモ。北海道新聞などで取り上げられ、話題を呼びました。
どうしんウェブ

北 方ジャーナル

波及して東京でもデモが開催されたようです。

その発起人が大滝雅史君です。
ブログ O瀧さんの暴動ステーション

 

 このブログを普段から見ている奇特なみなさんwには、特にこの情報に付け加えて説明することはないのだけど、もし「就活デモってなんじゃい?!」と言う方は、参考までに、僕の過去のエントリーを見ていただけると話が早い(→「就活デモ」についての整理、大ざっぱに)。

 ちなみに、上の説明にあるように、僕以外の就活デモメンバーがゲストとして出演する予定。なんと、就活デモのマスコット(?)として、一部で有名(?)な「獣医学部のウマ」くんが喋る!ウマのマスクをかぶって「内定ニンジン」を追いかけていた例のやつであるww

P02fwfr4t

 

 ところで、さっき引用したブログの僕についての説明文の下には、こんなことも書いてあるw

「就活バカヤロー」×「就活くたばれ」。
就活に反対する者同士の対談ですが、方向性は違うようです。

さて、どうなるのでしょうか…。ちなみに大滝君はいたって冷静で論理的に物事を考える人物なのでご安心下さい笑

 上の部分はともかくとして、下の部分はなんじゃいww まるで猛獣か野蛮人のようなイメージをもたれているみたいではないかww

 まぁしかし、実際のところウワサのみで僕の話に接している人は、すごい過激な人を想像していたりするらしい……(ex.マリファナをふかす大男とかww、ゴリゴリの過激派左翼とかww なんでやねんw ただの草食系男子だっつーのw

 僕自身、ブログやツイッターではストレス発散もかねて、一般常識からしたらラディカルな意見を書きまくっているので、「一体、どんな人なんだろうか」などと会ったことのない人から思われることがあるのだけど、そういう想像をしている人たちと実際に会ってみると、「思ったほど過激じゃないですね」とかいう、喜ぶべきなのかよく分からないようなことを言われるのであるw やれやれw

 まぁ自分の意見ははっきり言ったりするし、興奮すると喋りまくることもなくはないけど、基本的には人の話もちゃんと聞くし、支離滅裂なことを言う人じゃないと思うんですけどね。まぁなんでもいいやw

 で、上の引用部分にあるとおり、僕と石渡氏とでは、かなり意見や考え方が違うところがあると思われる。山浦さんの話では、就活デモのことを「就活反対デモ」と言っているようで、僕からするとその呼称からして誤解なのだがw、まぁその辺も含めて、色々と話ができたらと思う。

 

 なんだか微妙に脱線してしまったけれど、ともかく来週の金曜日は北大へどうぞ。就活をバカヤロー呼ばわりするバカヤローどもに、もれなく会えますw

(遅ればせながら追記!!!)

 当日のトークの様子を、動画配信サービスUstreamを使って生中継します!「興味はあるけど、事情があって見にいけない…」という方はこちらをご覧いただけると、よいかと思います。まったく便利な時代ですよねw 

http://ustre.am/2TyG

 それから、このイベントについては、「参加は予約が必要」とかいうことが書いてあるかもしれませんが、そんなもの要りませんw 普通にぶらっと来てみて下さい。よろしくお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »