« 「頑張ることはそんなに自慢できることなのか」という問い。 | トップページ | 「私たちはここにいる!!」――今年の自由と生存の連帯メーデーのこと »

2010年4月 3日 (土)

金曜日で「就活」

 この前の4月2日に発売された週刊金曜日で就活の特集がされているので、その話を載せておくことにする。

2010年4月2日 793号 特集記事

卒業イコール失業者
「就活」、もう限界です!

今春の大卒内定率は史上最低を記録、高卒内定率も低迷した。
このままでは第二のロスジェネ世代を生み出しかねない。
解決策はどこにある? 就職活動の現状と問題を探った。
■就活貯金、保護者向け説明会
 労働市場で最も好条件のはずなのに
 瀬下美和

◆高井美穂・文部科学大臣政務官に聞く
 未就職卒業生に職業訓練と生活支援を制度化

◆怪しい身元調査の実態
 尾仲 丙太

■セクハラ、パワハラ、契約違反……
 企業が別の顔を現すとき
 小林 蓮実

このご時世に、入社が決まったその企業、手に入れた正社員の椅子。
でも、入社までは本性を隠すような企業も存在する。そこで、企業が別の顔を
現した事例と、被害にあっても泣き寝入りしないで済む方法を紹介する。

■弊害が顕著な新卒一括採用
 ルール自体が有効期限切れの「大卒就職」
 本田 由紀

学生・企業・大学が「就活」に払っているコストは、バカ高くないか。
それに見合うだけのベネフィットは?
耐えるだけじゃ、もう立ちゆかない。いまこそ構造転換を提起する。

週刊金曜日HPhttp://www.kinyobi.co.jp/backnum/tokushu/tokushu_kiji.php?no=1045

 この特集の中で、就活生の実状を伝える話などがいくつか載っているところにまぎれて、ちゃっかり僕のコメントが載ってる。ホントにちらっとなんだけど。まぁ「就活の現状に対して抗議するような動きも大学生の中にあるよ」という感じで載っている。僕は今のところ就活はしてないので、「就活に取り組む当事者」ではないけれど、ともかく大学生として就活は無縁じゃないので、コメントしている。

 で、コメントしているのも偉そうな話なんだけど、さらに注目するべきはこの表紙!

 100402_793

 よく見てもらえば分かると思うけれど、札幌の就活デモで使ったプラカードなどの画像が散りばめられている。このブログの左側に載っている「就活くたばりなさい画像集」(たぶん携帯からだと見れない)なんだけど、編集部の方の目に留まったようで、せっかくなので使ってもらいました。

 就活くたばれデモを企画した時点では、まさか自分達のプラカードが全国に流通している(はずの)雑誌の表紙を飾るなんてことは考えなかったので、こんなことになってるのはけっこう驚き。まったく世の中何が起こるか分からないものである。

 週刊金曜日も経営が楽ではないようなので(オイ)、ぜひ多くの人に買っていただいて、今の就活を取り巻く問題について、考えてもらいたいものである。特集以外の他の記事も面白いしね。よろしく。

|

« 「頑張ることはそんなに自慢できることなのか」という問い。 | トップページ | 「私たちはここにいる!!」――今年の自由と生存の連帯メーデーのこと »

就活くたばれ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。くたばれデモ@TOKYOに参加致しましたcaffeloverです。私事ですが、先日何とか内定を頂くことができました。

日経ビジネスオンラインでも、少しだけくたばれデモの話題が出ていましたね。
http://bit.ly/ajTMDc

行動が世間に影響を与えていく。やってみるもんだという意識を広げられたらいいですね。

投稿: caffelover | 2010年4月10日 (土) 18時19分

お久しぶりです。
就活くたばれデモTOKYOの既卒プーです。
caffeloverさん、IT業界の就職おめでとうございます。
(実はgoogleで検索したら、ツィッターを発見してしまいましたw)

私の父は某IT企業の子会社勤務だったんですけど、父の時代はITといえば花形産業だったそうです。

バイオと化学の知識をITに燃やして、日本を牽引していってくだされ高専&東大院エリート!(ぶら下がる気満々)

投稿: プー太郎 | 2010年4月10日 (土) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235827/34065705

この記事へのトラックバック一覧です: 金曜日で「就活」:

« 「頑張ることはそんなに自慢できることなのか」という問い。 | トップページ | 「私たちはここにいる!!」――今年の自由と生存の連帯メーデーのこと »