« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の記事

2010年4月24日 (土)

またしても「つぶやく」について

 前回のエントリーを書いてからもう十日以上経ってしまった。だけど別に死んでいたわけではないw 4月に入ってから、ついに大学に復学してしまったのだから、そりゃあ前よりは忙しいに決まっている。いまは、授業もあるし卒論の準備もある。それに(前も書いたけど)今はインディーズ・メーデーの準備をしているので、それが忙しい。先日もデモの申請に警察署に行ったり、公園課に行ったりしていたのだが、こんなことにばかり時間を費やしている学生ってなんなんだろうと思うw  いや、これが勉強なんだけどさ。

 まぁそれはともかくとして、前にも書いたように、最近ツイッターにてちょこちょこと感じたことなどを書いたりしている。まぁ大したことは書いていないのだけれど、(良くも悪くも)自分の感情を表現するのが好きな僕としては、かなり楽しいツールとして機能しているように思える。

 で、まぁ色々と「つぶや」いているのだけど、最近はそれだけに留まらず、人との繋がりが出来たりするこのシステムに興味を持っている。僕は主に就活について批判的な意見を持っている人や、経済・雇用、それから社会保障、社会運動系の人たちをフォローしているのだけど、予期せずその輪が広がり、知らない人の「つぶやき」を目にするようなことがある。ツイッターをやってない人には分かりにくいと思うけれど、自分のホーム画面に自分が普段チェックしてない人の「つぶやき」が表示されるために、思わず知らない人の「つぶやき」を目にする、ということだ(RTなど)。まぁツイッターを知らない人は、実際にやってみてくれw

 

 だから、これまでであれば全く知り合うこともなかったような人のコメントをふと目にしたりする。さらに、メッセージを交換したりすることの敷居も低いので、そのコメント一つから意見の交換が起こったりするということが、かなり日常的に起こる。これはすごいことだ。「有名人」でもツイッターのアカウントを取得している人は多いので、(僕はあまりやらないけれど)そうした人に対して直に意見を送ったりすることも可能。

 

 それで、最近はそうしたところから知り合った(?)人とメールを交換したりすることもある。きっかけはちょっと前に書いた文章。前にもこのブログで書いたが、弘前大学の学生の方に「就活デモのことについて書いてくれ」と頼まれて書いた文章のことである。あの文章、頑張ってわりと長めに書いたのだが、このブログなどでも公開しておらず、もったいないので、ツイッター上で「読みたい人はメールください!ファイル送ります」と売り込んでいた。それで、そのコメントを見て「読みたい」といって連絡をくれる人などもいるのだ。これはちょっとうれしい。まぁ中身を見ないで「読みたい!」と言うのだから、評価されてるのかどうかはよくわからないけどw、なんも相手にされないよりかはマシ。それで、そういうところからなんだか人との繋がりが出来たりするということは、なんというか可能性のあることな気がする。

 なんかもっともらしいことを書こうと思っていたのだが、なんだか言いたいことと、この話がダイレクトに繋がらなさそうだからやめようw ツイッターでまとまりのないことを書くのに慣れすぎて、まとまった文章を書くのが苦手になってしまったのだとしたらまずいけれど…(汗

 まぁ別にブログだって、しっかりした文章ばっかり載せる場所でもないし、いいか。ということで今回はオチもなんもなし。ただ「ツイッターってなんかすげえよ」ということが言いたかった。僕のツイートに興味ある人は、@sunset_strip028をフォローしてください。よろしく。

 

 ※補足

 上の文章だけだとあまりに頭悪そうなので、思考の断片を書き記しておく。ツイッターのすごいところは、要するに自分の考えたことや感じたことを様々な人の思考を介して練り上げることに適している、ということなのではないかと思う。

 例えば、完全に体系立った理論を展開しなくても、その「種(タネ)」になるようなきっかけさえ転がしておけば、そこから刺激を受けたり、想像を膨らましていくことがいくらでも可能なのだ。見知らぬ他者のことを突然知ったりする(見知らぬ他者に突然知られる)こともあり、アイディアが予期せぬ進化を遂げることもある。別の言い方をすると、発言がどのような過程を経て、どこに行き着くかが分からない(そもそも終着点があるのかは謎だが)、そのことにこそ価値があるのではと思う。それに引き換えmixiは、日記の公開範囲を細かく調整することが可能で、理性(主体性)で持ってコントロールしようとしている節が多分にあって、ツイッターとはまたちょっと違う。

 もちろん、インターネットという中心のない媒体自体が、そうしたネットワーク的な性質を強く有しているのは間違いないが、中でもツイッターはそうした側面を特に生かしたサービスな気がする。

 集合性と匿名性、脱中心化と不完全性、主体の解体。なんか分かるような分かんないような、こうした(現代思想系の)言葉が一つのキーワードなのかも。津田先生の本でも読むか…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

「私たちはここにいる!!」――今年の自由と生存の連帯メーデーのこと

 最近、なんだか景気が悪すぎる、と思う。

 いや、景気といっても、経済の話じゃない。経済の景気なんか、僕らの世代が生まれた時(バブル崩壊ぐらい)からいままでずっと変わってないといっても過言ではない。だから経済の景気なんて今に始まったことじゃない。

 問題は僕たちの気力のことである。経済が活発化していないからってへこたれてしまうなんて、そんな悲しいことは言いたくはないじゃないか。まぁ金がないと元気なくなるんだけどさ、でもなんか悔しいじゃない。できれば元気でいたい。

 いや、別にバリバリ企業で働いて過労死するような、そんな元気は要らないよねw そうではなくて、弱いもの同士でも集まって、なんとかやっていけるような、そんなエネルギーが必要なんじゃあなかろうかと思っていたりする。そういえば、東京で野宿者支援をしているNPOの「もやい」の名前の由来も、船が繋がって荒波を堪える、っていうような感じだし……とにかく、そんなイメージで「群れる」こと。繋がることが重要な気がする。ほっとくとそれぞれの人達が孤立してしまうような時代だからこそ。

 で、タイミングよく(?)そういうような趣旨のイベントがあるので、告知しておきます。興味のある人はどうぞ遊びに来てください(我ながら、なんて適当な前フリだww)

「私たちはここにいる!!自由と生存の連帯メーデー in 札幌 2010」

開催日:2010年4月29日(木曜日)
開催場所:大通公園西6丁目広場

 なんだか、最近せちがらい世の中になってます。

 テレビをつければ、暗いニュースがたくさん。やれ自殺者が10年連続3万人超えたとか、やれ大学生の就職内定率が氷河期並みだとか。格差に貧困、過労にうつ…「日本の将来はどうなるのよ…」なんて思う前に、自分の将来もどうなるかよくわかんない。
 数年前まで「戦後最長の景気回復が…」とか騒いでたのに(その割には何の実感も恩恵もなかった)、いまや「金融危機がきた」とか言って一気に暗いムードが広がってる。一体いつからこの世界はこんな息苦しいところになっちゃったの?!

 そんなやってられない空気をぶっとばすために、今年もやります!インディーズ・メーデー!「メーデー」というのは、元々は労働者の祭典…らしいんだけど、細かいことはどうでもいい!w 要は「この社会ってなんか生きづらい…」とか思っている人たちが、社会に対して自分たちの存在をアピールする、お祭りみたいなものだと思ってもらってOK。色んなマイノリティの人もそうでないひとも、大人も子どもも、どんな人でも歓迎!とにかく集まって、話し合って、騒いで、のんびりして、楽しみましょう。

 当日は、サウンドデモ、ステージライブなどなど、様々な企画を予定しています。堅苦しい集まりじゃないので、一人で部屋にこもって塞いでいるぐらいなら、外で一緒に声を上げるなんてどうでしょう?「この社会がこんなに生きづらいのは、私たちのせいじゃない!!」。そんな実感を持ってるのは、きっとあなただけじゃない!

 公式ブログ→http://maydaysapporo2010.blog118.fc2.com/

<<タイムスケジュール>>

11:00 コモンズ広場OPEN
   各団体アピール、ステージライブなど
14:15 サウンドデモ START
~15:15 サウンドデモ終了
   ~16:30 フリートーク
18:00 までに撤収
18:00 アフターパーティー START
   ~22:00 解散

上の時間は目安です。変更する場合がありますのでご注意ください

<<賛同人大募集!!>>

個人:1口1,000円 団体:1口3,000円
郵便振替:02720-8-84725
口座名義:自由と生存の連帯メーデーin札幌実行委員会
※通信欄に個人/団体のお名前、所属など(無くても結構です)、氏名公表の可否、連絡先、賛同金の口数をご記入ください。

主催:自由と生存の連帯メーデーin札幌2010実行委員会

問合せ先:〒003-0021 札幌市白石区栄通2丁目11-13 札幌働く人の家(鳥居)
TEL/FAX 011-859-2567
E-Mali
maydaysapporo2010@gmail.com

 前にもこのブログで書いたことがあるのだけど、数年ぐらい前から、インディーズ系メーデーとか、非正規メーデーとか呼ばれるものが日本で行われるようになってきている。

 これは何かって言うと、これまで労働者のアピールの場として日本で行われてきたメーデーというのは、企業の労働組合に加盟している人たちが主体となって行われてきたものだった。それはそれで別に意味がないわけではないんだけれど、最近はどんどん非正規労働者が増えたりしているのは周知のことで、それと同時に組合などに加盟しない人と言うのも増えてきた。しかし、既存の労働組合などはあまりそうした人々の問題には取り組まず、むしろ正社員の既得権を維持するために、低賃金などで会社の負担の少ない非正規労働者の導入に積極的な場合も多かった。

 ということで、「労働者の権利をまもれー」とかいうようなメーデーがあっても、多くの人はなんだかピンとこなくなっちゃたのである。「うーん、まず俺らの権利が守られてねーよなぁ」と。というわけで、「大手の労働組合ではなく、自分達の手で自分達のメーデーを」という動きが、非正規労働者など、従来の「労働者」像とは異なる人々の側から出てくるようになったのである。それがインディーズメーデーとか、非正規系メーデーとか呼ばれるものの大まかな概要。

 なんでそれが、「インディーズ」と呼ばれるかというと、よく音楽の業界でメジャーの会社以外のところでCDなどを出すミュージシャンが「インディーズ(自立系)」とか言われたりするけれど、多分、そこから取ったんだろうと思う(このへんは推測)。

 で、札幌では2年前からその取り組みが始まっていて、今年は三年目になる。 まぁ色々な人がこの企画に関わっていて、(僕もちゃっかり関わっているのだけど)、あーだこーだ言いながら、計画を進めているところ。楽しいけど、忙しくもあったり。

 で、このメーデーは具体的に「これを要求する」というものではないのだけど、一つ言えるのはタイトルにあるように、「自分達の存在をないがしろにするような言説に反対する」ということがあるのかもしれない。いや、そこまで堅くないかな?w ともかく、社会から「ダメ人間」などと見なされようとなんだろうと、「自分達はいま、ここで、しっかりと生きているんだぞ」ということを主張するのが大きな意味なんじゃないかなぁと思っている。 まぁあくまでゆるーい感じでね。

 札幌はやっぱり寒いし、雪降るしで、あんまりデモも一年中できるわけじゃないので、その分、デモれる時期には思う存分(?)やっとかないといけないんじゃないかなぁと思う。というかやりたい(デモって楽しいしw)。ちなみに北海道外の人には理解出来ないだろうけど、札幌市街の雪が完全に溶けるのは、今月の半ばかそれぐらいなので、春の訪れを実感するイベントとしても機能したら、なんか楽しいんじゃないかなーとか思ったりする。

 どうぞ、札幌にいる人は参加してくれると非常に嬉しいかぎり(「メーデーは参加できないけど、メッセージは寄せたい」という人や、「賛同金だけなら…」というナイスな人もいると嬉しいw 詳細は札幌メーデーのブログを参照のこと)。サウンドデモとかあるので、それぞれの関わり方で楽しめるんじゃないかしら。

 ちなみに、インディーズ・メーデーは全国(?)各地で、様々な団体によって開催されているので、自分の住んでいる地域で、参加するというのも全然アリだと思う。フリーター全般労組の園良太さんのブログには、全国のインディーズ・メーデーが一覧できるエントリーがあるので、ぜひ参考にしてくださいな。

 全国の春をゆるゆると盛り上げていきましょう。僕達の人生は僕達のものです。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2010年4月 3日 (土)

金曜日で「就活」

 この前の4月2日に発売された週刊金曜日で就活の特集がされているので、その話を載せておくことにする。

2010年4月2日 793号 特集記事

卒業イコール失業者
「就活」、もう限界です!

今春の大卒内定率は史上最低を記録、高卒内定率も低迷した。
このままでは第二のロスジェネ世代を生み出しかねない。
解決策はどこにある? 就職活動の現状と問題を探った。
■就活貯金、保護者向け説明会
 労働市場で最も好条件のはずなのに
 瀬下美和

◆高井美穂・文部科学大臣政務官に聞く
 未就職卒業生に職業訓練と生活支援を制度化

◆怪しい身元調査の実態
 尾仲 丙太

■セクハラ、パワハラ、契約違反……
 企業が別の顔を現すとき
 小林 蓮実

このご時世に、入社が決まったその企業、手に入れた正社員の椅子。
でも、入社までは本性を隠すような企業も存在する。そこで、企業が別の顔を
現した事例と、被害にあっても泣き寝入りしないで済む方法を紹介する。

■弊害が顕著な新卒一括採用
 ルール自体が有効期限切れの「大卒就職」
 本田 由紀

学生・企業・大学が「就活」に払っているコストは、バカ高くないか。
それに見合うだけのベネフィットは?
耐えるだけじゃ、もう立ちゆかない。いまこそ構造転換を提起する。

週刊金曜日HPhttp://www.kinyobi.co.jp/backnum/tokushu/tokushu_kiji.php?no=1045

 この特集の中で、就活生の実状を伝える話などがいくつか載っているところにまぎれて、ちゃっかり僕のコメントが載ってる。ホントにちらっとなんだけど。まぁ「就活の現状に対して抗議するような動きも大学生の中にあるよ」という感じで載っている。僕は今のところ就活はしてないので、「就活に取り組む当事者」ではないけれど、ともかく大学生として就活は無縁じゃないので、コメントしている。

 で、コメントしているのも偉そうな話なんだけど、さらに注目するべきはこの表紙!

 100402_793

 よく見てもらえば分かると思うけれど、札幌の就活デモで使ったプラカードなどの画像が散りばめられている。このブログの左側に載っている「就活くたばりなさい画像集」(たぶん携帯からだと見れない)なんだけど、編集部の方の目に留まったようで、せっかくなので使ってもらいました。

 就活くたばれデモを企画した時点では、まさか自分達のプラカードが全国に流通している(はずの)雑誌の表紙を飾るなんてことは考えなかったので、こんなことになってるのはけっこう驚き。まったく世の中何が起こるか分からないものである。

 週刊金曜日も経営が楽ではないようなので(オイ)、ぜひ多くの人に買っていただいて、今の就活を取り巻く問題について、考えてもらいたいものである。特集以外の他の記事も面白いしね。よろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »