« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の記事

2010年3月27日 (土)

「頑張ることはそんなに自慢できることなのか」という問い。

 前回のエントリーで友人のレヴンのmixiの日記を本人の許可をとって転載したのだけど、僕が本当に転載したかったのは、前回載せたやつじゃなくて、こっちのやつだ。3月5日の日記。タイトルは「頑張ることはそんなに自慢できることなのか」。タイトルからして社会不適応者のにおいがするではないかw

 日本の労働を取り巻く現状について、「働かざるもの食うべからず」みたいな感情論を抜かすやつは多いけれど、この日記は適宜、関連書を引用しながら、そういう態度をしっかりと批判している。

 ちょっと長いけどいい文章なので、どうぞ。

 「頑張ってる」を盾にして威張ってる奴は、むかつくなあと前から思っていたんだけど、『魂の労働―ネオリベラリズムの権力論』(渋谷望・青土社・2003)という本を読んで、その「むかつく」が少しだけ憐憫に変わった。もちろん、「むかつく」のは変わらないけど。

 なんで「頑張ってる」を掲げてる人がむかつくのかと言うと、「お前が頑張ってるのは、社会のためとか世の中のためとか、そういう大層なものじゃなくて、『頑張ってる』に安住したいだけなんじゃないのか? 『頑張って』れば世の中を安心して歩いていけるからなんじゃないのか?」と思うから。だとしたら、その「頑張ってる」は威張れるものなんだろうか?と思うから。

 で、いちばん迷惑なのは、そういう人の多くが、社会構造的な理由で頑張れない人とか、市場経済下で働いて頑張ることに違和感を抱いて「頑張らない」人に敵意を向けることだ。彼らは「頑張らない」人を否定することで、「頑張ってる」自分を正当化して安心しようとする。実は、自分の「頑張ってる」が社会において特に重要なものではないと気づいてても、もしくは自分がどっかから搾取してるとうすうす気づいてても、やっぱりとりあえずは「頑張ってる」ほうが彼らにとっては「善」なのだ。

「ネオリベラリズムにおいては<怠慢>は罪である―それがポスト産業社会の現実である恒常的失業によるものであっても」
 
 しかし、『魂の労働』によると、「頑張ってる」人も時には自分に不安を覚えることもあるらしい。


「自分たちの労働には価値はなく、むしろ遊んでいる者の<労働>のほうに価値があるとしたら? 怠け者のほうが生産的であるとしたら? あるいは、サボリが能動的であるとしたら?」。


 著者によると、この不安を抑え込む役割を果たすのが、「勤勉を美徳とする労働倫理」だ。そして「勤勉な主体としての自己肯定は<怠惰>への道徳的攻撃によってはじめて可能となる」。

 このように「頑張ってる」人は怠惰な者・遊び人に対して敵意を向ける。が、心の隅で遊び人に憧れもする。なぜなら遊び人は自由に「自己実現」しているから。さらに言えば、「遊び」から新しい価値が生まれて富の源泉になることがままあるから(ただの「遊び」が後に商業的に成功したり芸術になることはけっこうある)。つまり、「遊ぶ者にこそ『自分のなしうることの果てまで進んでいく力』すなわち自己価値化のポテンシャルを有している」。


 企業はやたらと「自己実現」をすすめるけど、しょせん消費社会において優先されるのは消費者=お客様の欲望であって、労働者の自己実現ではない。もちろん「お客様につくすことが私の自己実現だ」という論理は成り立つかもしれないが・・・僕には悲しい自己正当化にしか聞こえない(ごくたまに正当化抜きで本当にそういうふうに考えてる善人もいるけど)。企業社会においては、自己による自己の評価ではなくて他者=お客様による評価が優先される。

「ニーチェが弱者とか奴隷とか呼ぶのは、最も弱い者ではなく、その固有の力がどのようなものであれ、自分のなし得ることから分離されている者のことである」

 ネオリベラリズムの権力者にとっては、今まで従順に「頑張って」、つまり市場のためにあくせく働いたり自己実現やスキルアップをしてくれていた人が、「怠け者」に憧れだすことは自分の足元を脅かすことにつながる。
 そこでこれを食い止める機能として、貧困者や生活保護者の存在がある。市場経済になじめない者には貧困という懲罰が速やかに行われる。「消費社会においては、消費のできない貧困者はその存在自体が欠陥であり罪悪」である。貧困者が見せしめとしての機能を果たす。
 貧困者・生活保護者の現実・市場経済から足を踏み外した者の悲惨な状況を見せ付けられた人は、今までどおり市場経済の中で「頑張っていく」道を選ぶ。

 以前、長時間働くことで生じる間接的な搾取、というような文脈で「自己実現をするなら資本主義経済の外でしてほしい」と言ったことがあるが、そもそも僕には顧客依存の企業で自己実現できるということに対して疑問だし、さらに言えば、企業の中で自己実現すること、働くことに対して過剰に夢を見るのは危険なことだと思う。

「日本では生存権に体現される<権利としての福祉>の認識がきわめて低い。日本では<人間としての権利>を実質的に保証するものは、法的な市民権というよりも、労働市場における地位、つまり企業社会における地位である。このような条件において、失業することは、つまり労働市場での価値を失い、そこから排除されることは、「ホームレス」化の危険にさらされることである―とくに排除の緩衝材である家族や親族がいない場合。そしていったんホームレスになった場合、ホームレスであることが人間としての尊厳の剥奪に直結する。このことは、たとえば、住まう場所がないゆえに就業できず、就業できないゆえに住まう場所が確保できないホームレスが経験する、あの悪循環に端的に示される。日本においては、失職、病弱、貧困が相互に強化しあい、人間性の条件をダイレクトに破壊すると考えることができる」

 生活保護を受ける人が180万人を突破した。mixiの日記では「自己責任だ」と非難する論調を多く見かける。貧困者を非難して、「頑張る」自分を肯定する。そのこと自体がネオリベラリズムを強化していく(ついでにこれは保守化にもつながる)。彼らは自分が市場経済から排除されたとき、競争に負けたとき(現状では絶対に誰かが負ける構造になっている)、それでも「自己責任」と認めるのか。

 誤解のないように付け加えておくと、僕はべつに頑張ることを否定してるわけではない。頑張ることをひけらかして自分を擁護する道具として使うことを否定してるだけです。

 

 特に付け加えることはないんだけど、ポストフォーディズムとグローバリゼーション、それから新自由主義の合わさった社会の問題点の一つを正しく指摘していると思う。お見事。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

「ぽじちぶ」とアウシュビッツ

 最近ツイッターでちょこちょこつぶやいているせいか知らないけれど、ブログの更新が滞ってしまっている。というか、パソコン自体を開くのがなんだか面倒くさい。ちょっと前は基本的に毎日開いては何かしらしていたのだけど、最近は2、3日に一回ということが珍しくなくなっている。ふと思うのだけど、ネットの情報というのは、膨大なものなので、ヘタをするとその情報の波にやられて疲れてしまうような気がする。情報との距離のとり方も一つのメディアリテラシーなんだろうかなぁと思う。

 まぁそんなことはどうでもいいのだけど、ブログを放置してしまうのもアレなので、中間策として人の書いた文章などを参考に載せてみようと思う。(考えてみたら、今まで書いたエントリーでも引用ってすごい多いんだよね。まぁブログなんてそんなものかもしれないけれど)

  以下は、僕の友人のレヴンというやつがmixiの日記で書いた文章。ブログなどに掲載すればいいのに、そういうことをしていないので、「もったいない」と思って本人の許可を取って、掲載することにした。この友人は僕と同じ年に北大に入学して、3年生を終えた後に休学したやつで、まぁニートの予備軍のようなヤツであるw  元々は文学マニアのような感じで狂ったように小説などを読み漁っていたのだが、社会の問題にも関心が沸いたのか、最近は「資本主義グローバリズム反対」みたいなことを言い出し、ますます社会不適応者への道を邁進している模様w 今は嫌々ながら就活に勤しんでいるところである。

 それで、以下の文章はそんな彼が今年の2月12日に書いた日記の引用である。タイトルは「ぽじちぶ」。

 ブータンでは国民の95%が「自分は幸福である」と感じているらしい。けっこうな国である(色々問題はあるらしいけど)。僕もブータンに生まれたかった。しかし、日本=先進国に生まれてしまった以上、つまり物質主義的な幸福観にどっぷり漬かってしまっている以上、おそらく僕はブータンの幸福には満足できないだろう。
 ややこしいことに、幸福は各人によって異なる。だいたい、世の中には幸福を第一の目的としている人ばかりではない気がする。「清貧譚」の主人公のように、幸福よりも自分の意地を貫くことに重きを置いている人はけっこうみかける。そしてその意地はチンケなものである場合が多い。だけど、収集したガラス玉を守ろうとするカラスみたいに、そのチンケな意地を手離すまいと必死になる。
 こういう人がいてもそれはそれでけっこうなのだが、チンケなガラス玉を集めることが美徳だという考えを他人に押し付けようとしだすとたちまち厄介な存在になる。

 日本人の美徳は辛い状況を打破することではなく、辛い状況の中でささやかな幸福を見つけることにある、というのはよく言われている。どんなに辛い状況でもそれを顔に出さずに元気で明るくあれ、というわけだ。
 そしてこの考えが長い時間をかけて浸透すると、辛い状況を辛い状況と認知すらできない人間ができあがるのではないか。こういう人間の性向を人はポジティブと呼ぶ。
 こういう人は強い人間ではあるかもしれないが、鈍感な人間でもある。自分の痛みに鈍感で、悪いことに、他人の痛みにも鈍感だ。「俺は頑張っている、だからお前も頑張れ」と平気で言う。「元気があればなんとかなる」と、元気があってもどうしようもない状況にある人に平気で言う。そしてこの「元気があればなんとかなる」という言葉をかけられた人が無垢であれば、その人は「こんなに私が辛く感じるのは、私のネガティブな心のせいなんだ。私もポジティブに生きていかなくては」と思い込んで自分を責めることになる。

 日本に蔓延しているこのようなポジティブは、はたして本当にポジティブと言えるのか? ずいぶん消極的なポジティブだ。気持ち悪い。この歪んだポジティブを僕は日本製のポジティブ、つまり「ぽじちぶ」と(勝手に)呼ぶことにした。音の響きがださくてよろしい。

「絶望の姿だけが、その人の本格的な正しい姿勢なのだ。それほど現代の構造は破滅的なのだ」と主張した金子光晴のような人間こそが本当の意味でポジティブな人間になれる可能性があると思う。

 就活をしているとぽじちぶ人間をよく見かける(企業側にも学生側にも)。日本は幸福な国ランキングでは下位(75位~90位)に甘んじているが、ぽじちぶ国ランキングでは上位に座を占めるかもしれない。

 彼は、話してみるとどうもマヌケな印象を与えるのだが(ちょっと言いすぎかw)、文章に関してはやはり色んなものを読み、自分でも色々書いているだけあって、センスがいいと思う。(もっと読みたければこちら

 で、なんでこの文章を載せたかと言うと、僕もこれに大いに同意するところがあったからだ。

 日本という国に生きる人にとって、なんだか名状しがたい絶望感が漂っているのは言うまでもない。もう何年連続で自殺者が3万人超になっているのか、もはや分からないが、ともかくこの閉塞感に関しては、幅広く共有されていると思う。実際に日常生活のストレスから精神的な疾患を抱えてしまう人も本当に多い(「リスカ=リストカット」だの「OD=オーバードーズ」だのといった言葉が、非日常的でないものとして聞こえてしまうほど、現代の若者の置かれている状況は悲惨だ)。

 にも関わらずこうした絶望への日本人の対処方法は非常にお粗末なものである。それは、上の文章にもあるとおり、「社会のせいにしても仕方ないんだから、自分の身は自分でなんとかしなさい」とか、「小さな幸せに目を向けなさい」などといって、問題から目を背けさせるというものだ。全く後ろ向きすぎる。いや、ある意味のポジティブさか。

 もちろん、直面している問題の種類にによっては「くよくよしててもしょうがないじゃん!」というのでも、十分アドバイスになるかもしれないが、それだけで全ての問題がクリアーできるわけではない。むしろ、内容によっては、余計に問題をこじらせ、肥大化させる可能性も十分にあるのである。そうした場合、「小さな幸せに目を向けて」などというのは、本当に罪の重い発言と言わざるを得ない。不満を口にすることを好ましくないとして禁じられたものは、よりいっそう自分の感情を抑圧することになるし、誰からも直視されず、解決を先送りされた問題は、より根を深く張り、さらなる絶望を醸成するだろう。

 だから、日本人の大好きな「不満を言わずに頑張ること」というのは、本当に問題だらけだということである。社会の問題を告発しないということは、その問題を垂れ流しているヤツの活動を消極的に肯定しているのだから。(別に具体例を出すまでもないけれど、一つ例を挙げれば、ワーキングプアとしてこき使われているフリーターがいたとして、彼が「不満を言っててもしょうがない」といって黙々と頑張ることは、経営者を喜ばせ、より増長させる態度だということだ)

 ちなみに、こうした価値観は「国民レベル」で愛されているせいか、小説や漫画、音楽なんかを見渡してみても、どうも同様の傾向が見られる。政治や社会の問題を直接的に描くことだけが芸術や文化の役目だとは決して思わないが、これだけ社会が閉塞感を抱えているときに、その問題の根幹を直視するものがろくにいないというのは、現実逃避と言われても仕方ないんじゃないだろうか。 フランクフルト学派の哲学者アドルノ(1903-1969)は「アウシュビッツの後に、詩を書くことは野蛮である」という言葉を遺したらしいが、これをまねて言えば、「金融危機の後に、個人の喜びに逃避するのは野蛮である」とでもなるかもしれない。(ちょっと苦しいか)

 もちろん、誰もが不満の声を上げられるわけではないというのも事実だし、声を上げたことですぐに問題が解決すると考えるほど、僕もオプティミストではない。しかし、それにしてももう少し日本人は「社会運動」というものを、積極的に評価してもいいんじゃないかと思うし、この社会を取り巻く構造的な問題に目を向けてもいいと思う。少なくともただじっと黙ってるよりも、気が晴れるのでは、と個人的には思う。

 どうでもいい参考に、田中ヤスタカのユニットcapsuleの曲「Sugarless Girl」の動画を。この曲好きなんだけど、僕が上で批判したようなことをまさに歌っているので、なんか気になるのだ。好きな曲ではあるんだけどね。(ハイクオリティとか書いてあるわりに音が飛んでいる箇所があるけど、ご愛嬌)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

えらそうにきこう

 この前、テレビの番組で同じ読み方をする言葉に当てはまる漢字をいくつ書けるかを競う、というクイズをやっていて、「きこう」という言葉がお題になっていた。なるほど、言われて見れば「きこう」ということばでも「気候」「気功」「奇行」「紀行」と色々あるわけで、多様な解答を見て、思わずなるほどと思ってしまった。

 いや、そんな前振りはどうでもよくて、今回のエントリーは僕が偉そうにも人に頼まれて文章を書いた(=寄稿した)という報告をしようと思ったのだ。「えらそうにきこう」というのが、「偉そうに寄稿」だと分かった人は勘がいいかも。

 で、何に寄稿したかというと、二つあるのだけれど、一つはまじめな媒体。名前がカッコイイのでフルで書いてみるけれど「弘前大学 青森雇用・社会問題研究所」発行のニュースレター。

 これは弘前大学の研究室の学生さんが中心になって作っているもので、雇用問題などに関する学生の研究成果(つまりレポート)と、同じく雇用などに関する研究者などの論文が載っている、なんとも立派な雑誌。聞いた話によると、「霞ヶ関から近所のおばちゃんまで、北は旭川から南は沖縄、果てはイギリス・ロンドンのストウコネクションズサービスセンター、オーストラリア・タスマニア大学にまで」届けているらしい。なんだか分からないがすごい!とても大学生が中心になって作成しているシロモノとは思えない。

 で、なんでオオタキがそんな立派な雑誌に文章を書いているかというと、理由がある。それはこの雑誌の編集の中心人物である石橋はるかさん(名前出していいですよね。ダメだったら申告してください)という方が、僕たちが12月にやった「就活デモ報告会 NNT(無い内定者)と語る会」を見に来ていたからだ。この石橋さん、なんとこの報告会に参加するためだけに「急行はまなす」に乗って青森から札幌まで来ていたのである。なんという行動力!

 で、就活くたばれデモをやった理由やら、就活の問題点について感じることなど色々聞かれたのだけど、そのついでに「なんか文章書いてよー」と頼まれたわけである(もちろんもっとちゃんとした依頼をされました。これはデフォルメなので真に受けないように)。 

 まぁこのブログを見ているひまな人は分かるだろうけれど、僕の書く文章なんてろくなもんじゃないので、まともなことは書けないのだけど、ともかくせっかくの機会なので、引き受けさせてもらった。タイトルは、「「就活くたばれデモ」--「就活」を取り巻く構造的問題と違和感」。全くなんとも偉そうだね。でも頑張って7000字ぐらい書いたので、わりと読み応えがある…かも。

 で、それが掲載された「ニュースレター34号」がつい先日届いた。個人的には労働争議などを取り上げたドキュメンタリー映画「フツーの仕事がしたい」の監督である土屋トカチさんの文章などが興味深かった。ちなみに、石橋さんの研究日記のようなものも載ってるけど、本当に熱心に研究活動をしていて、なんだか頭が下がる…

 興味のある人は、どこかから頑張って請求して読んでください。僕の知り合いの人は、言ってくれればコピーなどあげます。(知り合いでなくても「どこから入手するのかよくわかんねえから送ってくれ!」とかいう人はsunset-strip_028(at)ec.hokudai.ac.jpにでもメールください。連絡が来てから考える。PDFかなんかで送るかな…)

 で、もう一つ寄稿したのだけど、こっちはもっとマヌケな媒体。

 なにかというと、東京周辺の勝手に生きてるやつらのフリーペーパー「tokyoなんとか」。もうさっきの「青森雇用・社会問題研究所」と比べると名前からしてふざけているw でも、これが実はあなどれない便利グッズだったりする。

 これは、「素人の乱」や「IRA(Irregular Rhythm Asylum )」など、東京の不穏な人たち(?)が中心になって作っているもので、そこらのマニアックな店の広告や、イベント情報などが載っている。こうした不穏な店に立ち寄って情報集めをする際には非常に役に立つ。僕も、ちょっと前に東京に行った際にはこれを頼りに新宿のマニアック書店「模索舎」やら「だめ連」御用達の「あかね」やらをたずねてみたものである。東京をうろつく際はぜひ片手にうろうろしてみよう。マジで便利だから。

 で、その「tokyoなんとか」の3月号に、なんだかよくわからない縁で文章を書く事になった。まぁいきさつは省くけど、くだけた感じでコラムみたいなもんを書いている。別に他のこと(大麻のこととか)を書いても良かったんだけど、ここでも「就活くたばれ」の話を書いている。よかったらこれもどうぞ。(PDFで4ページあるけど、僕の文章は1つ目のファイルの「sapporoなんとか」というコーナーの一部として載っとります)

 http://trio4.nobody.jp/keita/info/publish/tokyonantoka.html

 あ、ちなみに文章書くのは嫌いじゃないし、喋るのも嫌いじゃないので、「書いて書いてー」「喋って喋ってー」とかあったら喜んで引き受けさせてもらいます。いや、その気になれば、まともな文章も書けるし、喋るのも平気だから! ホント信じて!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

つぶやくというよりも垂れ流す。

 最近ニートの割に予定が入ったりしていて、まともに更新していないのだけれど、実は最近ツイッターに手を出し始めている。あまり積極的に書いているわけではないのだけれど、読書などをしながらその内容を簡単にまとめたり、感想を書いたりするのには適しているような気がする。記録に残るしね。

 mixiにも「ボイス」という、ツイッターのパクリ機能があるけれど、ツイッターはそれよりも「垂れ流し」感が強い。要はレスポンスをあまり期待しない要素が強いのだけど、もしかしたらそれがいいのかもしれない。

 sunset_strip028というIDでやっているので、興味のあるひとはどうぞ。警察関係者は見ないでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

もぎさんのブログ

 脳科学者(農家学者じゃない)の茂木健一郎氏が、自身の管理するブログ(「クオリア日記」 http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/)で就活くたばれデモ(しかも札幌)のことを紹介していた模様。せっかくなので、ここでも取り上げてしまおう。記事は、3月4日のもの。

「就活くたばれデモ」


NHK出版の大場旦、高井健太郎さんと打ち合わせ中。

高井さんに、昨年、札幌で就職活動の現状に不満な学生たちのデモ(「就活くたばれデモ」)があったことを教えてもらった。

3年生の12月から一斉に横並び就活を強要する日本のシュウカツは、世界のヒジョーシキ。

君たち、よりよき日本のために、ぜひ頑張りたまえ。

このままでは、日本は沈むばかりだからね。

http://megalodon.jp/2009-1124-1147-23/www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/201677.html

 記事のURLはこちら→http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2010/03/post-f19a.html

 なんか、「ぜひ頑張りたまえ」って表現が上から目線な気がしてならないけれどw、ともかく茂木氏は有名人なので、取り上げてくれただけありがたい。僕はこの人の本は読んだことはないのだけど(すんません)、ともかく。

 ちなみに、この記事で取り上げられていたのとは別の人なんだけど、昨日、NHK札幌局の人から、「特に具体的な番組などの計画ではありませんが、就活くたばれに関してお話を伺いたいです」的なメールが来ていた。なんだかんだで、就活くたばれもそれなりに知名度はあるんだなぁと思う。あとで返事をしなくては。

 まぁ、新聞やテレビやブログで取り上げられたからと言って、すぐに問題が解決するわけじゃあないけれど、でも何にも行動を起こさないよりかは、解決に少しでも近付くじゃあないか。少なくとも、家にこもって未来を悲観しているよりかは希望があるはず。

 就活くたばれに関して、「デモなんかしてもどうせ意味ないよー」とか抜かした人たちには、ちょっと反省してもらいたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

フェミニズムってなんだろう---『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』

東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ Book 東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ

著者:遙 洋子
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 非常に面白い本だった。これは、フェミニズムや、その旗手である上野千鶴子についての興味や、学習のきっかけを与えてくれる軽快なエッセイである。

 本書は、タレントの遥洋子が、「ケンカの仕方を学ぶため」に、東大に通い、上野千鶴子の授業に参加し続けた話を中心に書かれている。「ケンカ」というのは、要するに議論のことで、ジェンダーやフェミニズムに関する議論をするとき、どうしても「男」に負けてしまう遥は、その悔しさを抱えて、上野の元を訪ねる。
 (こう言っちゃなんだけど)遥は聞いたこともないような短大を卒業したのみで、アカデミックな勉強に慣れているとは言えないような人物。しかもテレビ業界という、「俗」の代表であるところ(セクハラなどが日常的にあるよう)からの「まねかれざる客人」でもある。

 だから、東大という場所の「別世界」ぶりに戸惑う。しかも、上野は「門外漢(女?)」である遥にも容赦しない。ダンボール一箱分はあろうかという文献を平然と読ませる。 しかし、その彼女が、その「俗世間」の代表として大学(しかも東大)という場所を観察し、見えた様子を描写していく様は、大学という空間に当たり前にいる人間には見えないものを見せてくれる。それは、人類学者という「他者」が、フィールドワークに出かけ、参与観察をする姿とどこか似ている。つまり「よそ者」の目だ。

 やがて遥は、猛勉強を重ね、要求された文献の三倍近い読書をこなす(これが本当にすごいと思う)。だから、後半の方は、段々とフェミニズム的な考察も増えてきて、前半のような素朴さが消えてしまうので、残念といえば残念だが、その成長振りは思わず舌を巻いてしまうほどだ(もちろん僕なんか足元にも及ばない)。

 これを読んだ後、思わず「うーん、上野千鶴子はカッコイイなぁ」とうなってしまった。だから冒頭でも書いたけど、上野という人間を通してフェミニズムというものに興味が沸くというのが、この本のすごいところだ。文章も面白い。文庫版も出てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »