« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の記事

2010年1月27日 (水)

「就活くたばれデモ@TOKYO」の報告記事

 1月23日、デモしている最中に、偶然J-CASTの記者(編集者?)の人と遭遇して、取材されたので(いや、僕は何も聞かれてないんだけどね)、その文章をデモの報告の代わりに載せておきます。

 文章後半に、「後方でハーモニカを吹き鳴らす若者がいるなど」とありますが、それはワタクシですw

 「若者」とかいって、絶対学生に見られてないんだろうな…悲しいww

以下、転載
ーーーーーーーーーー

「就活くたばれデモ」東京でも開催 2ちゃんとグーグルが学生をつないだ
2010/1/24 19:06 「J-CASTニュース」

http://www.j-cast.com/2010/01/24058578.html

 「就活くたばれデモ」と銘打った大学生たちのデモ行進が2010年1月23日、東京のオフィス街で実施された。「就活のバカヤロー!」と書かれた横断幕をもって「希望がないよ!」などと訴えた学生のほとんどは、デモ初体験。ネット掲示板で生まれた着想が、バーチャル空間での議論を経て、リアルな共同行動につながった。

デモには、東京都内の大学生を中心に10数人の若者が参加した。ほとんどが男性で、女性は1人だけだった。午後2時半、銀座1丁目の公園を出発したデモ隊は、オフィスビルや店舗が建ち並ぶ外堀通りを北上。東京駅前にあるリクルート本社の前を通過して、日本橋までの約2キロを歩いた。


「就活のあり方に不満があっても、声に出すことができない」

「就活のバカヤロー!」と書かれた横断幕をもって東京・日本橋付近を歩く大学生たち 学生たちは「お先まっくら」「毎日いきづらい」などと書かれたダンボール紙を手にもって、「就活茶番!」「勉強させろ!」「希望がないよ!」とシュプレヒコールをあげた。ただ、今回初めてデモに参加したという学生が大半だったこともあり、総じておとなしい印象。沿道の人達は「いったいなんだろう」という表情で見守っていた。

今回のデモは、2009年11月に札幌で実施された「就活くたばれデモ」に刺激された東京の大学生たちが中心となり、インターネット上で企画された。

きっかけは、ネット掲示板「2ちゃんねる」の大学生活板に「関東でも就活くたばれデモをやろう」と呼びかけるスレッドが立ったことだ。その後、だれでも自由にページを編集できる「WIKI(ウィキ)」や、見知らぬ人たちがネットで議論できる「Googleグループ」といったネットサービスを活用して、企画を煮詰めていった。

Googleグループに参加したのは約30人。東京にかぎらず北海道から沖縄まで全国の若者が語り合った。その結果、就職情報サービスを運営するリクルートにアピールしようということになり、本社がある東京駅周辺でデモを実施することが決まった。

それにしても、なぜ「就活くたばれデモ」なのか。言葉の響きからすると、就職活動そのものを否定しているようにも聞こえるが、そういう意図ではないという。企画の中心となった都内私立大学の2年生は

「現在の就職活動のあり方を世に問いたいと考えた。今は1年生から内定者と話をしたりして就活を始める人も出ているが、このまま早期化していく流れが強まると、もう大学ではないのではないかという意識があった」
と話す。また、大学院に行くか就職するかで悩んでいるという早稲田大学の3年生は

「大学生の多くは今の就活のあり方がおかしいと思っているのに、そういう不満を声に出すことができていない。こういうデモによって不満を可視化し、それをきっかけに就職情報会社や企業も含めて議論していければいい」
と語った。


欧米と違って、日本にはデモの文化が根付いていないといわれる。特に学生運動が盛んだったころを知らない20代、30代の若者はデモに参加した経験もなく、どのように実施したらいいのかよく分からない。今回も経験者がほとんどいないなかで、警察との対応やルート設定などで苦労したという。

初めてデモに参加した学生の反応は、

「沿道の視線が気になり、緊張して周囲を見られなかった。恥ずかしくて、前だけを見て歩いていた」(法政大学3年生)
というものもあれば、

「公道を歩いているうちに気分が高揚してきて、面白かった。またデモがあれば参加したい」(明治大学3年生)
という意見もあり、さまざまだ。

現代の若者のデモといえば、東京芸大の毛利嘉孝准教授が『ストリートの思想』(NHKブックス)で紹介しているように、既存の労働組合や市民団体とは無関係の、自由気ままな新しいタイプのデモが東京・高円寺などで実施されている。今回の「就活くたばれデモ」も後方でハーモニカを吹き鳴らす若者がいるなど、それを意識したような動きもみられた。

以前、学生デモを企画したことがあるという前出の早大3年生は、

「デモには『怖い』『イタイ』というイメージがあり、男性中心になりがちと言われている。今後は僕らももっと戦略を練って、より見られることを意識したパフォーマンスをしないといけないだろう」
と話している。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

拝啓 海外ニート様

 事情があって、「ニートの海外就職日記」(http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/)の管理人をされている海外ニートさんへコンタクトをとろうとしたのだけど、海外ニートさんはご自身のブログでメールアドレスなどの連絡先を公開していないので、ここで海外ニートさんへ送るために作成したメールの内容を公開し、トラックバックを送ることで連絡を取ることを試みる事にした。

――――詳細は、下記をご覧ください。

海外ニートさま

 はじめまして、突然のご連絡失礼いたします。北海道大学文学部学生の大滝と申します。いつも、海外ニートさんのブログを楽しく読ませていただいています。

 唐突で恐れ入りますが、実は海外ニートさんに折り入ってお願いがございまして、ご連絡させていただきました。

 僕は現在、大学4年生なのですが、先日友人などと一緒にあるデモ行進を札幌市中心部にて行いました。 何のデモかというと、現在の日本の就職活動(いわゆる「就活」)のあり方に対して異議申し立てをする「就活くたばれ」デモというものです。

 海外ニートさんもよくご存知の通り、日本では昔から「新卒一括採用(新卒至上主義)」というものが慣例としてあるため、多くの大学生は在学期間中に就職活動をしなければなりません。最近は、その時期がどんどん早期化しており、今では「大学3年生の秋にはスタート」というのが当たり前になっています。インターンシップなども含めれば、3年生の夏から事実上、企業訪問などが始まってしまっているという、なんとも奇妙な事態が起こっています。

 さらに、今年などは不況の影響もあり、多くの企業は新卒採用数を絞り、就活(という名の内定獲得レース)は激化しています。来春卒業の4年生の中にも未だに内定が決まらず就職活動をしている、という者がいます。(つまり、実質一年以上就活に時間を費やしている、ということになります)

 そのように、就活が早期化・長期化してしまうと、大学生はその本分である勉強・研究などをそっちのけで就職活動に勤しまなければならなくなっていき、それに合わせて大学も「就職率の高い大学」「就職支援の手厚い大学」などと、就職のための予備校のようになってしまっている現状があります。

 そのため、僕たちは日本の雇用システムや、教育のあり方までも視野に入れ、「新卒一括採用なんかなくせ」「就活時期早すぎ」「時期長すぎ」といったことを中心に、就活の現状に対する反対デモを行ったのです。 札幌でのデモは、たった20人足らずの小規模なものでしたが、これが(全国の就活に不満を抱く健全な学生の関心を引いたのか)ネット上で話題となり、「東京でも就活くたばれデモを起こそう」という動きが起きています。僕自身は、(札幌に住んでいることもあり)全面的に関わっているわけではないのですが、そもそも「就活くたばれ」ということを言い出した張本人として、いわば後方から準備をサポートしています。

 東京のデモでは、官庁が密集するあたり(厚労省や経産省付近)を歩き、就活の早期化や新卒一括採用といった現状に対して異議申し立てをするつもりです。

  誰もがデモのやり方や準備など手探り状態なのですが、なんとか今月23日の14時からは行うことを決定しました。

 前置きが長くなってしまい恐縮ですが、これに関して海外ニートさんへのお願いがあります。

 それは、ネット上で大きな影響力を持っている海外ニートさんに、このデモについてブログで取り上げていただけないか、というものです。

 海外ニートさんも、ブログ内で指摘されているように、日本の就活のシステムというのは確実に日本の企業文化・企業システムに繋がる矛盾を孕んでいます。いまだに「履歴書手書き」などの「根性論」がまかり通っていますし、新卒一括採用などというシステムがあるからこそ、(労働市場の流動化が進まず)ブラック会社が淘汰されないという問題があります。また、それが日本の社会を取り巻く閉塞感の一因と言っても過言ではありません。

 僕自身は、札幌で野宿者(ホームレス)支援の活動を行っていますが、彼らの社会復帰がままならない背景にも、一度レールを外れたら一気に転落せざるをえない(新卒至上主義に象徴される)企業文化、日本社会の持つ閉鎖性が見え隠れしているのではないかと思います。

 もちろん、海外ニートさんのように、海外脱出(亡命)するというのも一つの手段であることには間違いありません。しかし、誰もがその手段を行使できるわけではないことを考えると、この国のシステムを改善するために行動することも必要かと思います。

 ともかく、海外ニートさんの問題意識とも合致すると思うので、ぜひご紹介いただければと思ってご連絡させていただいた次第です。

 もし、ご紹介いただける場合には、 海外ニートさんのブログで、このデモについて取り上げてコメントしていただくか、もしくは以下のデモの趣旨文などを転載していただけると、非常に助かります。(可能であればデモの開催前に告知していただけるとありがたいのですが、直前でのご依頼ということもありますので、事後でも構いません)

 突然のご連絡で本当に恐縮ではございますが、悪しき日本の雇用システムに対して若者が立ち上がろうとしているということをどうか暖かい目で見ていただけると助かります。どうか、よろしくお願いいたします。

――――以下、転載

 「就活くたばれデモ@TOKYO」

=========================================

 就活に対する疑問、楽しく叫んでみませんか?「就活くたばれデモ@TOKYO」は就活に対するアナタの思いを表現する場を提供します!主催者はフツーの大学生。既存団体と一切関係ナシ!だから、どなたでも気軽に参加できます。 (1回限りのこのイベント、)みんなで一緒に日頃のストレスを発散しましょう。

=========================================

※昨今の就職活動早期化による大学生活への影響を訴える!

※就職を求める学生を食い物にする就職情報会社へ喝!

※老害がしがみつく既存団体の責任はいずこへ!?

※新卒で就職できないと一生やり直せない!?

※新卒一括採用なんてなくなっちまえ!!

■当日の解散・集合場所等

 14時:水谷橋公園に集結

 14時半:簡単な事前説明等を行います

 15時:デモ出発(この時間は厳守でお願いします)

 リクルートHRマーケティング→文部科学省→経済産業省→厚生労働省

 終了次第:日比谷公園にて解散

集合場所とルートの地図

→http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&gl=jp&ie=UTF8&oe=UTF8&msa=0&msid=107992921204219236975.00047b40ec37db7a31d6c&z=14&brcurrent=3,0x60188c0c0b13f54d:0xb630953beee48188,1

 今回のデモは、元々、11月に札幌で行われた就活くたばれデモに刺激された東京の大学生を中心としてネット発で企画されました。最初は、全くの赤の他人である学生同士がインターネットを通じ、0から立ち上げ、警察・メディア対応まで進行したのです。そして、そのデモが来たる1/23(土)に開催されようとしています。可能でしたら、皆さんのblog・twitter等の個人メディアで取り上げて頂くと有難いです。

 ビラの方も公式webサイトの方で自由にDownloadできますので、自分の通う大学や好きな場所でじゃんじゃん配布したり貼ったりして宣伝しまくってください。

【注意事項】

≪各種メディアの方へ≫

・撮影の際は必ず事前に被写体の方の許可をとるようにして下さい。

・今回のデモは条件獲得ではなく、認知獲得を目的とするものです。

≪参加者・野次馬希望者の方へ≫

・当日の服装は基本的にスーツですが、私服可です。顔出しNGの方は仮装マスクやサングラス等をお持ちください。

・危険物、凶器の持ち込みは禁止です。

・当日は実行委員会の指示、警察の規制には従ってください。

・主催団体はこのデモが終了次第解散致しますので、2回目のデモに参加などという期待は抱かぬようお願いします。

・主催団体は一切の既存団体や組織と関連性がありませんのでご安心ください。

【連絡先】

取材希望のマスコミの関係の方は、就活デモ@TOKYO実行委員会の広報が承りますので、こちらのほうにご連絡ください。デモ関係者及びマスコミ以外の方の対応はしかねますのでご遠慮ください。

就活デモ@TOKYO実行委員会 

e-mail: hujj...@aol.jp

(参加希望の方が上記のアドレスに連絡すると、より詳細な議論が進行中のGoogle グループ(埋込み)に招待されます)

公式webサイト:http://www31.atwiki.jp/kutabare-demo/

---------------------------------------------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年1月13日 (水)

本田由紀さんのインタビュー

 HUMAN CAPITAL LABORATORYという「進学・就職・採用を考える情報サイト」で、東京大学大学院教育学研究科の本田由紀教授が、日本の就活システムの矛盾について、インタビューで語っている。

https://hclab.jp/opinion/interview/12.php

 インタビューでは、主に不透明な基準(「人間力」など、面接官の恣意的な評価)による採用の改善、新卒用件の緩和(「卒業後3-5年を新卒と見なす」案)などの話が載っている。

 で、それをなんでここに載せたかというと、インタビューの中で本田さんが札幌の「就活くたばれデモ」について触れているから!

 該当部分をちょっと引用すると、

「今の状況では学生がじっくり勉強したり、様々な社会経験などに挑戦して見聞を広めようにも時間的にも精神的にも余裕がない。就活で大学生活が追い立てられている。11月下旬に札幌で、約20人の北大生らが「就活くたばれデモ」に立ち上がりましたが、度を越した理不尽な採用活動を見ていると、大学教育に携わる側も声を上げざるを得ない。」



とのことです。

 なんだか、本田さんにお近付きなったような気がしますなぁ…
(一方的な思い込みかもしれないけどw)

 インタビューの文章を読んでいて、不意に「就活くたばれデモ」の文字が見えて嬉しくなったので、書いといた次第。

取り急ぎ、報告まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「屋根裏TV」アップされました!

 先月末、札幌のATTICというイベントスペースで行われている「屋根裏TV」という自主メディア番組に就活デモのメンバーで出演して、その映像が編集を終えてアップされた。ATIICの阿部さんとスタッフのみなさん、どうもありがとうございます。お時間のある方はご覧になってくださいまし。

 なんともゆるーい感じで、手作り感溢れる映像が視聴できるはず。

屋根裏TV(11)

http://www.a-yaneura.com/viewdat.php?id=R00771

 「就活くたばれ」の話は、開始15分ほど経ったところからスタート。 こうやって見返してみたら、もうちょっと上手く喋れたのになぁとか思うところも多々あり、「見る人にちゃんと伝わるかなぁ」と心配に思ったりだけども、まぁ映像の収録と言うのはそういうもんなので、やむをえないでしょう。

 インタビューの後、最後に東京と札幌のデモの映像が入っているので、それもよろしくです。

以下、「屋根裏TV」のページから転載

 屋根裏TV第11回、前半のゲストは、”就活くたばれデモ”の大学生の皆さんです。お仕事の現場ではいまや、終身雇用制は実質すっかり崩れてしまったと聞きます。では日本の就職状況はどうなっているのか?全体に雇用情勢がキビシ~イのは、まんべんなくあるとして、大学生のいわゆる就活(=シューカツ=就職活動)も相当おかしなことになっている、というお話をうかがいました。獣医学部の馬、参加しています!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

とりあえずは評価いたします--キヤノン・マーケティング・ジャパンについて

 去年の暮れの12月21日、キヤノンの関連会社のキヤノン・マーケティング・ジャパンが、新卒者の採用活動を行う時期を遅らせることを発表した。それによると、キヤノン・マーケティング・ジャパンは、これまで他社と同様に行ってきた採用のための説明会を、大学四年次の春以降に行い、夏期にまとめて採用選考を行うという

 理由は、景気変動などで、採用数の見通しを立てるのが難しいこと、就活時期の早期化が学生の勉学の妨げになっているかもしれない、という反省から、だという。

→「採用スケジュールに関する重要なお知らせ」(キヤノン・マーケティング・ジャパン)

http://teiki.saiyo.jp/canon-mj2011/contents/dm_2/index.html 

 僕が思うに、後半の「学生に対する勉強の妨げ云々」のお話は完全に「おためごかし」だと思う。要するに、自分のところの都合で変更するに過ぎないのに、それを相手のためを装っているだけだ、ということ。だから、理由は基本的に前半の部分にあるように、「人員計画の見通しが立たない」というのが全てだろう。しかし、そんな身も蓋もないことを書いたら、あまりいいイメージを与えないので、「学生のみなさんから学ぶ機会を奪っているのではないか」などと好印象を与えるような態度をとっているのだと思われる。「慣例ではあったが、良くないことだと思った」と本気で言っているのなら、迷惑をかけられた学生に謝罪でもしてほしいところである。

 とまぁ、きついことを書き立てて罵倒すると、とにかく与党の批判をしたがった(過去形)某左派政党の党首みたいに嫌われてしまうかもしれないのでフォローするが…w

 まぁタイトルにもある通りに、僕は基本的にこの決断を評価する。もちろん、会社本位の決定であるかもしれないけれど、企業にとっても合理的じゃなく、学生にとっても意味の薄い就活の慣例なんか、無視したって一向に構わないのだ。ベストセラーとなった「就活のバカヤロー」(光文社新書)などを読めば分かるが、現行の就活の制度は、誰にとってもろくに得することのない仕組みなのだから、こういう動きが出てくるのは当然と言えば当然である。(就活が早期化すれば、企業は一年半ぐらい後の採用見込みを考えて採用活動を始めなければいけないので、負担が大きい。かつ青田買いが増えるので、本当に優秀が学生かどうか判断しにくい…などなど)

 それをなんだかクソリクルートなどに乗せられて、こんな早期化が進んでいるのだが、そんな下らないルールからは即刻降りてしまうのが一番である。ということで、このキヤノン・マーケティング・ジャパンに対しては、一応評価したいところである。

 ちなみに、「あの御手洗率いるキャノンが…」などと思っている人がいるかもしれないが、これはメインのキヤノン株式会社とは別会社なので、御手洗は何にも関係ない。彼はそんなに立派じゃない、お間違えのないように(ついでに書くと、一般的には「キャノン」と発音するが、表記は「キヤノン」なのも注意w)。

→「キヤノンについて」

http://canon.jp/corp/index.html

追記:

ニュースになっていたようです。

http://www.asahi.com/national/update/0106/TKY201001060437.html

 早過ぎる就活に一石?キヤノン関連会社が採用活動先送り

2010年1月7日 朝日新聞

キヤノンのグループ会社「キヤノンマーケティングジャパン」(本社・東京都港区)が、例年4月に実施していた大学生の新卒採用試験を見送るか、実施するにしても夏以降にすると自社のホームページで宣言した。

 同社は、景気低迷による業績悪化で2011年春入社予定の新卒学生を採用できるか見通しが立たないことに加え、早まる一方の大学生の就職活動に対する問題提起でもあると説明。就活事情に詳しいジャーナリストの森健さんは「この時期に学生に『採用できるかわからない』と正直に伝えるのは異例だし、誠実だ」と、同社の姿勢を評価している。

 国内向けの販売などを行っている同社の採用担当者によると、これまでは多くの企業と同様に4月に採用試験をし、内定を出してきた。今春は60人が入社予定。現在の大学3年生向けでも昨秋プレエントリーの受け付けを始めた。

 宣言したのは先月下旬。「3月までの業績を見た上で新卒採用を行うか判断する」と説明。併せて、就職活動の時期が早いことについて「学生のみなさんから学ぶ機会を奪っているのではないか」とし、採用するなら選考は夏休み中にする考えを示している。(三島あずさ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

ユニオンエクスタシーのプロモ、雇用期限

 (年が明けたことなんておかまいなしに普通にエントリーを書く…)

 京都大学で、非正規職員の首切りに反対しているユニオン・エクスタシーのプロモーションビデオが出来たそうなので、支援ということで載せておきます。

  このビデオを見れば分かると思うけれど(たぶん)、京大では独立行政法人化してから、「非正規職員は一年ごとに契約更新するが、雇用上限は5年」としている。どういうことかというと、非正規職員は雇い始めてから5年経ったら自動でクビになる、ということ。クビにすると人は減るが、その分をどうするかというと、再び新しい人を雇うのである。なんだかわけがわからない。

 なんでそんなルールを設けているかというと、一応の理由がある。それは雇用継続の「期待権」を発生させないためである。期待権というのは、ある職場で雇用されていた人が、何度か契約更新をされた場合、「次回も雇用されそうだ」という期待を持ち、雇用の継続を使用者に主張する権利。つまり、雇用契約を三回ぐらい更新されたら「次回も雇用されそうだ」となり、もしクビにされた場合は「おい、更新しやがれ!」と主張できるようになるのである。これは判例で認められている。

 しかし、最初から「5年でクビだからね」といわれていれば、期待権は生じない。要するに、「いらなくなったら簡単にクビ切りできるように、あらかじめクビにする時期を決めておく」という制度であり、いわば「クビのためのクビ」制度なのである。

 ユニオン・エクスタシーのみなさんは、京大の図書館などで非正規職員として働いていたのだが、4年目が終わる頃にこの制度に反対してストを始め(2009年2月ごろ)、5年目に突入する前にクビになってしまう(雇用上限は5年だが、4年でクビになってしまったということ)。そして、「5年でクビ制度をなくせ!」「クビを撤回しろ!」といったことを主張し、座り込みなどをしながら京大と争っている。現在は京大に対してクビの撤回を求める地位確認訴訟をしているところ。

 ちなみに、ストなんだけど、何故か「くびくびカフェ」という名のカフェをしながら、生活費を稼いだり暮らしたりしている。

 僕は、去年の9月ぐらいにくびくびの裁判を見るために小樽からフェリーに乗って京都まで行き、くびくびカフェの隣で、テント張って10日ほど野宿させてもらった。あの時はお世話になりました!PVに、食器を洗ってるところが映っているけど、僕も滞在していたときはあそこで洗い物など(ささやかながら)手伝ったのである。

 カフェは京大のある左京区界隈には面白い人がたくさんおり、その交流の場としても機能しているようで、非常に興味深かった。また近いうちに応援に行きたいところである。

 寒くなったので、くびくびのお二人には風邪など引かないように(のんびりと)頑張ってほしいところです。

 ちなみに、北大でも非正規職員に対する「3年でクビ」ルールが存在しており、優秀だろうがなんだろうが、3年経ったら自動でクビになってしまう。一度、北大文学部に設置してある学生のための投書箱に「安い賃金でこき使って、ワーキングプアを量産し、挙句クビにするのは教育機関としてあるまじきやり方だと思うので、即やめてください」という投書をしたのだけど、スルーされて返事は来なかった。

 ある北大の関係者から聞いた話によると、「北大文学部は組合の組織率が低いために、(雇用期限に関する話は)文学部としては痛いところを衝かれたんだと思う」ということらしい。教務は、この件とは別に「学生生活に関係ないことは返事しない」とか抜かしていたが、学生にまったく関係ない話じゃないんだから、しっかり返事して欲しいところですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »