« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の記事

2009年11月30日 (月)

「就活のあり方に対する問題提起」の射程と多層性

僕は基本的にバカなので、色々考えるよりも行動に移すのですが、就活くたばれデモに関しても行動を起こしてから、色々と考えました。

 で、ふと気付いたことがあるのですが、「就活くたばれ」(もしくは「就活のバカヤロー」)という言葉に共感するとき、その共感の度合い、問題意識の度合いというのは、大まかに分けて三段階あるんじゃないでしょうか。今回はそれについて報告をいたします。

 「就活くたばれ」の一つ目の段階は、単純に就職活動に直面して、「なんか気に入らないぞ」「なんでこんな苦労しなきゃいけないんだ」「なんかおかしくないか」と疑問や不満を抱く、という感情的なコミットメントの段階です。
 札幌デモのシュプレヒコールで言えば「面接官調子乗るなー」「セミナーきもい」「ネクタイ息苦しい」などがそれに関係します。これは、大半の大学生に共有されるものでしょう。

 二つ目は、「就活に関して抱いた不満や疑問は、今の就活のあり方に原因がある」という立場です。単純な疑問や不満の根っこにある就活システムの矛盾(不備)に問題意識を持ち、その改善を目指す立場で、具体的には、「就活始まる時期が早い(遅くしろ)」「面接に行く時の交通費をよこせ」「大学は就職予備校じゃない」「新卒一括採用なんかなくなっちまえ」などの言葉に表れるでしょう。

 三つ目は、やはりそのような就活のシステムに表われている矛盾は、社会のシステムのあり方が引き起こしたものであり、現在の社会のあり方を変えないといかんともしがたい、という立場です。もっと具体的に言えば、就活が果てしない内定獲得競争になっているのは、景気の動向に左右される資本主義的・新自由主義的なシステムの下では、ある程度仕方ない、といった見方です。

 僕は就職活動に象徴されるような競争主義は、非常に「資本主義的」だと思っています。つまり、さっきの二段階目では「フェアな就活を」とか「就活のあり方を改善しよう」と言っていますが、この三段階目では、「そんなにあくせく競争しなくても生きていける社会ってないの?」という、ある種夢想的とも言える問題意識まで含んでいます。それは、ベーシック・インカムなどの、新しい社会のあり方までも射程に含んだ問題提起となりえます。

 これは、ある意味非常に「反グローバリゼーション」(運動当事者によって、「オルター・グローバリゼーション運動」とか「グローバル・ジャスティス・ムーヴメント」と呼ばれるもの)的な性格を帯びています。
 分かりやすく言うと、「身近なグローバリゼーション問題としての就活」という視点ですね。


 札幌のデモの時、シュプレヒコールで「仕事をよこせー」と言いつつも「働きたくないぞー」と矛盾したことを言っていたのは、おそらくこの二段階目と三段階目に生じる矛盾の表れなんだと思います。二段階目では、現今の社会システムをある程度是認しているので、「生きるための仕事をよこせー」といった主張が出てきましたが、第三段階の意識だと「そもそも働かないでも生きていける社会ってありえないの?」という問いかけ、もしくは叫びを含んでいたため、それらは互いに矛盾したのです。道新の記事はそのあたりの問題意識を反映していなかったために、わりとシンプルな報道記事になっていたんじゃないでしょうか。


 と、以上、自分でデモを企画しながらも、その「就活くたばれ」という言葉へのコミットメントには人によって段階的な違いがあるということにいまさら気付いたので、ご報告いたしました。もちろん、その三つはそれぞれ関連していますし、明確に切り離すことはできませんが、一応、目安として三つに分けて考えることは可能だと思います。



 もちろん、「いや、それよりもこういう分け方をした方が…」などの意見もあるかとは思いますので、ご意見いただければありがたいのですが。

 ともかく「就活くたばれ」と言いながらも、その理想とする場所、問題意識は段階的(多層的)なんだなーと思いました。ネット上での「就活くたばれ」への批判が多層的なのも、そうしたことの反映だと思います。

 なので、当日デモに参加した方がどのような意識で参加していたのか、ということにも差があるとは思います。個人的には、その意識を完全に統一することはファシズム的で気持ち悪いと思いますが、一応、お互いがどんなことを考えているのか、ぐらいは話し合ったほうがいいかもしれないですね。


これからの話し合いは、そうしたところを意識しつつやっていこうと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

ベーシックインカムの映画

BI(ベーシックインカム)メールニュースというメルマガの部分転載です。

【1】と【2】はカット、【3】だけ載せてます。

以下、転載

ーーーーー

BIメールニュースNo.023 2009.11.21発行

【1】『ベーシックインカムの政治論 その3』 白崎一裕(第三土曜日執筆)

【2】関曠野さんが『ベーシックインカムを語る』 IN 町田

【3】BIニュース
ドイツフィルム「文化衝動としてのベーシックインカム」日本語字幕版全編公開

IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
私たち「ベーシックインカム・実現を探る会」は、政治的に中立の立場で、
「すべての個人への無条件な所得の保証」というベーシックインカムを
実現につなげる提言を発信します。
IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
───────────────────────────────────


───────────────────────────────────
【3】BIニュース
ドイツフィルム「文化衝動としてのベーシックインカム」日本語字幕版全編公開
───────────────────────────────────

ドイツフィルム「文化衝動としてのベーシックインカム」
Grundeincommen Kulturimplus 日本字幕版(ダイジェスト版もあります)
http://bijp.net/data/article/127

ドイツで制作されたベーシック・インカム紹介のための長編フィルムです。

2008年に公開されたこのフィルムは、映画館で自主上映されたり、DVDでの配布を通して、数多くの人に観られています。内容はおもにドイツの実業家ゲッツ・W・ヴェルナーの提唱するプランに基づいて構成されており、ドイツではBI=ゲッツ・プランという理解が根強く広がっているようです。

日本語字幕版を通して、多様なベーシック・インカムのひとつの可能性に触れていただければ幸いです。なお、本フィルムの内容のより深い理解は、『すべての人にベーシック・インカムを ─ 基本的人権としての所得保障について』(ゲッツ・W・ヴェルナー著,渡辺一男訳,現代書館刊)をご覧ください。

なお、翻訳者によれば、このフィルムの日本語吹き替え版の制作も進行中とのことです。


「文化衝動としてのベーシックインカム」
2008年ドイツ/約1時間39分
制作:ダニエル・ヘーニー/エンノ・シュミット
邦訳:吉田和彦(在ミュンヘン)


IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII

○BIメールニュースは、ベーシックインカム・実現を探る会の活動情報などを
お届けする無料のメールニュースです。
まぐまぐで直接購読を申し込まれた方にお送りしています。

○登録・配信停止・アドレス変更はまぐまぐにてお手続きください。

○転載は大歓迎ですが、「ベーシックインカム・実現を探る会 BIメール
ニュースno.xxx」のようにクレジットを御記載ください。
また
info@bijp.net宛てに転載の旨、ご一報いただければ幸いです。

○みなさんのご意見をお待ちしています(800字以内でお願いします)。
info@bijp.net
不掲載をご希望の場合は、必ずその旨を明記して下さい。
また、氏名、肩書きは、特にご指示がなければそのまま掲載します。
イニシャル、匿名、ハンドルネーム使用の場合は必ず明記して下さい。
なお、盗作、名誉毀損、人権侵害、差別的な記述などの投稿は、禁止いたします。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
発行 : ベーシックインカム・実現を探る会、編集長:野末雅寛
info@bijp.net
http://bijp.net/
Copyright(C)2009-ベーシックインカム・実現を探る会-All rights reserved.
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
◎BI(ベーシック・インカム)メールニュース
  のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000292484/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京でもデモあったのよ

ところで、「就活くたばれ」デモが一部で取り沙汰されているのだが、同じ志で(すなわち就活に対する不満をぶちまける、就活のあり方に問題提起をする)デモが札幌と同日、東京で行われたことはどれだけの人が知っているのだろうか…?

ということで、もう終わってしまったのだが、東京のデモに関する情報を載せておく。こういう試みが全国的に広がれば、もっと就活も変わるのに、とか思う。もし、他地域で実行したい人は連絡ください。今回のデモで学んだノウハウ教えます。

 = = = = 転送歓迎 = = = =

●○● 就活のバカヤロー!デモ ●○●

【日付】 11月23日(日・休日)
【時間】 12:30~12:40(デモ行進10分の予定)
【集合】 早稲田大学 戸山キャンパス正門

http://www.waseda.jp/jp/campus/toyama.html
*11:00からプラカードなどデモグッズを作成します。

【コース】 早稲田大学戸山キャンパス正門~早稲田大学早稲田キャンパス正門スロープ前


●○● 叫ぼうよ?「就活のバカヤロー!!」 ●○●

いま、大学生にとって避けられないイベントになっている「就活=就職活動」。不満を持っていても「仕方ないよな」と自分に言い聞かせ、将来のために努力をしていませんか?そんなあなたに、まさかまさかの「就活のバカヤロー!!デモ」のお知らせです。

「今の就活のあり方に疑問を感じる」
「面接で品定めされるのがイヤ」
「大学が就職予備校みたいになってるのはおかしい」
「少ない内定のイスを奪い合うのがイヤ」
「頑張って就活したけどうまくいかなかった」
「就活がストレス以外の何物でもない」


「就活」に対するそんな不満や疑問、それぞれの胸の奥に抱えている想いをぶちまけ、共有することが目的です。不満があっても、口にできない、そんな息苦しい社会はイヤじゃないか!
「就活に疑問や不満を持っているのは自分だけじゃないんだ!」
そうしたつながりを感じることのできる"場"を、みんなで作り上げましょう☆



*11:00から戸山キャンパス正門でプラカードづくりを、デモ解散後は早稲田大学内の庭園でお弁当を食べながら交流する予定です。
*当日は市民メディアの取材が入る可能性があります。顔を写されたくない方は適宜対応ください。
*リクルートスーツでの参加を歓迎します。


【主催】 就活のバカヤロー!!デモ 実行委員会
【連絡先】 endurancer0127@yahoo.co.jp (早稲田大学文化構想学部3年 堀 真悟)

= = = = = = = = = = = = = = 

このデモの計画には、mixiのこのコミュが関係している。

→「就活がムカつく!」 http://mixi.jp/view_community.pl?id=4630019

| | コメント (2) | トラックバック (0)

就活が楽しい?それは分かるけど、分からない。

「負けまいとする心でしょう!」というブログ(http://kd1.blog103.fc2.com/)の管理人のあかさかさんという方が、このくたばれデモについて何度かエントリーを書かれていて、トラックバックももらったので、返事を書きます。

というか小さな反論を。

僕の考えを二つほどお伝えさせていただきます。

まず本文中に、

>「就活ってそんなに悪いものじゃないから悲観するなよ」っていうことと

とありましたが、それは半分真実で半分は虚飾なんじゃないかと思います。

確かに、就職活動の時期になって、自分の将来のことについて真剣に考え、夢を抱き、自己実現を目指す人もいます。そういう人にとって就職活動というのがステップアップのチャンスであるというのは間違いありませんし、「そんなに悪いものじゃない」(むしろ良い)と思うのも最もでしょう。いえ、そうでなくても最初のうちは就活というものに様々な新鮮味を感じたりする人も多いでしょう。

ただ、朝日新聞でも記事になっていましたが、来春卒業予定の大学四年生の内定率は「60パーセント強で、氷河期並み」とのことです。

「来春卒大学生、内定率62.5% 下落率が過去最大」(朝日新聞 2009年11月19日)http://www.asahi.com/national/update/1119/TKY200911180494.html

ちなみに、高校生はもっと悲惨ですよ。

「高卒就職内定率13ポイント減 9月末現在で37.6%」(朝日新聞 2009年11月4日)

http://www.asahi.com/national/update/1104/TKY200911040155.html

つまり、就活が楽しいとか楽しくない以前に、そもそも仕事にありつけないわけです。そして、その中でひたすら企業にはじかれ続けながら、「就活は楽しい」と感じることが出来るものがどれだけいるでしょうか。少なくとも僕にはその自信がありません。

今の大学生の多くは、奨学金をもらって大学に進学していますが、ご存知の通り奨学金と言うのは実質的に借金です。もし大学を出て仕事が得られなければ、借金だけ抱えて、新卒優遇の労働市場からも排除され、社会に放り出されるわけです。彼らに待っているのは巷でワーキングプア(もしくはプレカリアート)という言葉で形容されている「非正規労働者」の口です。つまり、「新卒でまともな仕事にありつけなかったら…」という恐怖は絶大なのです。そのようなプレッシャーを抱えながらも「就活は楽しい」と余裕をかますことのできる者がどれだけいるでしょうか。

実際、僕たちのデモメンバーの中には、50社近く面接を受けて、落とされ続けた、という者もいますが(彼は結局SEの仕事に就くことを決めました)、彼が就活に対して「下らない」と思う気持ちは誰にも否定できないと思います。

もちろん、就活で勝ち、そして多くの経験を獲得し、自分を成長させることができるものもいます(それこそ面接のための交通費などで儲けるやつだって中にはいます)。しかし、それが全てではないのです。僕たちが問題提起したかったことの一つは、現在、大学内などで溢れる就活に関する言説に定番の「自己実現」「成長のチャンス」などが、いかに偏った意見であるか、ということなのです。

要するに、「「就活で成長した」とか「いい経験になった」とか言うやつがいるのは否定しないけど、そういうやつだけじゃないだろ」と言いたかったのですそれに対して、「そんなに悪いものじゃないよ」と言われてもいたちごっこにしかなりません。

そして誰もが不満を抱えているにも関わらず、その声が上がらないというのはなんとも不健全だと僕は思います。

次に

>「就活をやりきってから就活を批判したほうが説得力があるよ」

とのコメントについて

このデモに関する、ネット上の意見などは北海道新聞の記事のみがソースとして使われている場合が多く、若干事実誤認が含まれています。

僕はネット上での(特に2ちゃんねるなどの)匿名での言論について、あまり関心がないので張り切って訂正していないのですが、今回のデモに参加したものの中には一般企業や公務員から内定をもらった人もいるし、そもそも現在就活に勤しんでいるわけではない大学院生や、フリーター、社会人もいます。

つまり、道新の記事では「内定もらえない学生のわがまま」のようにも見えるかも分かりませんが、必ずしもそうではありません。デモ参加者は決して「自分が内定もらえない社会はおかしい」とすねてるわけではないのです。 むしろ、就活のあり方(からみえてくる社会の矛盾)に対して問題提起をしているのです。

具体的にどんなことをデモで主張した(喋った)のかは、また今度詳しく書きたいと思いますが、一つだけ。

職がないなら景気を憂えばいいじゃない」というエントリーの中で、「都市と地方では交通費・宿泊費などに関して差が出る(地方は不利だ)」という意見に対して、あかさかさんは、

>(交通費や宿泊費などで)20万とか30万とか就活で使ったっていう学生もいる。でもそれって、大騒ぎするほどのことだろうかとどうしても思ってしまう。

と書かれていますが、その金額を捻出できない学生はどうすればいいんでしょうか。今年のように就活が長引いたときに勝つのは、「経済的に余裕のある人」か「関東圏の人」(もしくはその合わせ技)で、これを格差といわずになんと言うんでしょうか。

「面接多い」のプラカードがやたらネットで叩かれたりしていますが、あれの本当の意味は「一体、何次面接まで拘束されるのか分からない」という不満(不安)に加え、「交通費や宿泊費が出せないから面接回数を無駄に増やすな」という意図があります。

つまり、端的に言って格差の問題がそこには横たわっているのであり、「もやい」の湯浅誠が「溜め」と表現しているものが、就活には影響しているのです。

僕としては、不満をぶちまけるだけがデモの目的とは思ってはいませんが、不満を生み出すような社会的な問題があるにも関わらず、それが個人的な問題に還元されているのはおかしい、と思っています。

というか、ここ一年ほど「貧困は自己責任じゃない」という声が上がっているのに、「就活が自己責任」と見なされるような風潮には我慢できませんね

前の記事でも書きましたが、僕は就活自体を全否定する気はありません。

ただ、生きるためにはひたすら生存競争をひたすら続けなければいけない社会はどこかおかしいと思っています。ベーシックインカムなどの議論も視野に入れて、これはまた別の機会にでも書きたいと思いますが、ともかく今日はそこまで。

乱文で失礼いたしました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

「就活くたばれ」デモが無事終了。

とり急ぎデモの報告ですわ。

北海道新聞
就活に不満、学生がデモ 札幌中心部で (11/24 06:40)

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/201677.html


 就職難に苦しむ札幌の大学生らによる「就活くたばれデモ」が23日、札幌市の中心部で行われ、リクルートスーツ姿の学生が年々早まる就職活動への不満や求人増を訴えた。

 デモには、就職先が決まっていない北大の4年生や大学院生ら約20人が参加。「面接多すぎ」や「既卒を差別するな」と書かれたプラカードを持って、「生きるための仕事をよこせ」などと叫びながら、約1時間練り歩いた。

 馬のマスクをかぶった学生が「内定」と書かれたニンジンを追いかけるなど、就職活動の現状をちゃかすパフォーマンスも。

 デモを呼びかけた北大文学部4年の男子学生(21)は「大学は就職のための予備校ではない。厳しい就活の現状を分かってほしい」と話した。

月刊誌「北方ジャーナル」2009年11月23日
「就活くたばれ!」 北大生ら札幌でデモ行進

http://hoppojournal.kitaguni.tv/e1472093.html


 就職活動なんかくたばっちまいな!―。 勤労感謝の日の23日午後、札幌市の大学生らが「就活くたばれデモ」と題した街頭デモを企画、「嘘つき合戦の就活はやめろ」「企業の犬にはならないぞ」「腹が減ったぞ」などのシュプレヒコールを上げながら、約20人で同市中心部を練り歩いた。

 デモ行進を企画したのは、北大文学部4年の大瀧雅史さん(21)ら同デモ実行委員会。「本来学問の場である大学が就職予備校となっているのはおかしい」との疑問を抱いたメンバーらが、「みんなが『おかしい』と思ってることを口に出せない社会が一番おかしい」とばかりに有志を募り、あえて勤労感謝の日に街頭でアピールすることにした。実行委の呼びかけに応え、北大などから学生・大学院生が参加したほか、すでに就職している社会人らも賛同、「同情するなら内定をくれ」「面接多すぎ」などと書かれたプラカードを手に行進に臨んだ。

 午後1時半に北区の北大正門を出発したデモ隊は、札幌駅前通を南下しながら約1時間かけて中央区大通などを行進、「人事担当者よ、お前はそんなに偉くない」「ブラック会社はセミナーなんか開くな」「ネクタイは息苦しいぞ」などのユーモアを交えたシュプレヒコールを休日の市街に響かせた。学生たちの一風変わった試みに道行く市民らは興味深い視線を送り、客待ち停車中のタクシーから「頑張れ」などと声がかかる一幕も。デモ隊の中には留学生の姿もあり、経団連・御手洗冨士夫会長の顔をあしらった骸骨の模型を背負って参加したフランス出身のギョーム・シューさん(20)=北大法3=は、「日本の雇用体系が想像していたシステムと違い、驚いた。フランスには『就職活動』などありません」と“就活文化”への率直な疑問を口にする。「またこういう機会があったらぜひ参加したい」と手応えを話しつつ、「日本のデモは規模が小さいですね」と、社会問題に関心を持つ若者があまり多くないことを残念がっていた。

 呼びかけ人代表の大瀧さんは、「個人的にはむちゃくちゃ楽しかった」と、鬱屈を発散できて満足げな様子。「50回も面接に落ちたような学生にも、生きる権利はある。就活ごときで落ち込むのは馬鹿ばかしい。無理して社会に合わせるのではなく、社会の側が間違っているんだということをはっきり言ってやるべき」と、全国の就職難民たちにエールを贈っていた。大瀧さん自身は、翌24日から就職活動を始める予定という。
(ん)

参考に…

mixiコミュニティ「就活がムカつく!」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4630019

僕のmixiの日記
「そして就活はくたばった!!」
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1346418321&owner_id=23554180

一応、前にも書いたけど、僕はmixiの日記の方がちゃんと更新してるんですよ。ブログはどうもめんどくさい。。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2009年11月20日 (金)

就活くたばれデモ@札幌 (詳細)

「就活くたばれ」デモ@札幌 の詳細です!転載歓迎!!

 【 日時 】

★2009年11月23日(祝日=勤労感謝の日)
★13時 北海道大学クラーク会館前集合(札幌駅から徒歩8分程度)

http://local.yahoo.co.jp/detail/spot/4c560104bd415b2216258e1aa11ecaba/

★15時 大通公園西4丁目解散予定 (デモ行進は1時間半ほどを予定)

 【 ルート 】

★北大正門出発→札幌駅付近→道庁(およびリクルート社)前→大通公園→すすきの→駅前通→大通公園

====================================

 大学生のみなさん!

 「就職活動=就活」に、なんだかすっきりしない気持ちを抱いてはいませんか??みんな就活に不満を持ってるはずなのに、なんでそんなに従順なのか、とか思ったことはありませんか?

 生きていくために就活をしなきゃいけないのは仕方ないとしても、いまの就職活動の現場においては、あまりに問題が多い!! 始まる時期が早すぎる、面接会場が東京であることが多いため地方と都市で差が出る、面接でのコミュニケーション能力偏重、新卒一括採用、年度によって生まれる差、市場原理に抗えず就職予備校化する大学……就活をしている人からは、そんな指摘をよく聞きます。

 学生だけじゃない。
 フリーターや「ニート」状態の人たち、大学教授などの教育関係者や企業関係者、色んな人たちが就活のあり方はおかしいと思っている人は多い。また、不満だけならまだしも、就活の内定獲得レースに疲れて、精神的にまいってしまうという学生の話を聞くこともある。

 だとすれば、「就活」というもの自体に対して、不満を持つ人たちが、その不満や疑問を共有し、建設的な形でぶちまけることができるような、そんな場が必要なんじゃないでしょうか!?大方の学生は、せいぜい少ない友人を相手に居酒屋でグチるくらいで、なんだか閉塞感が漂ってる。これはまずい!

 そこで今回の「就活くたばれ」デモの企画が生まれました。これは、就活に不満を持っている全ての人たちのためのイベントです。「くたばれ」なんて書くと、「ちょっと言いすぎじゃないの」と思う人がいるかもしれませんが、就活に対しての不満をぶちまけることが目標である以上は、遠慮していてはいけない。しかも、就活が避けては通れないのであれば、それについてのストレス発散ぐらい盛大にかましてやってもいいじゃないか。

「就活始まるの早いぞー」
「マイナビ・リクナビは学生を急かすなー!」
「セミナーで企業宣伝するなー」
「ネクタイ息苦しいぞー」
「ブラック企業は、セミナーに来るな!」
「面接官、偉そうな態度とるなー!」
「面接に行く時の交通費をよこせー」
「俺達、全員採用しろー!」
「採用されても働かないぞー!」

そんなことを街中で叫べたら、きっとかなり快感だと思う。

「就活に不満を持っているのは自分だけじゃないんだ!」

デモがそうしたつながりを感じることの出来る場所になれば、すごく素晴らしいと思う。

就活する人も、しない人も、やってうまくいった人も、上手くいかなかった人も、就活に対してひとこと言ってやりたい人はぜひ来てください!

就活とかいう、うざったいものに、一発カウンターパンチを食らわしてやりましょう!!

====================================

【 その他注意事項 】

★服装は基本的に自由ですが、リクルートスーツという就活生の「制服」を着てくることをオススメします。お面やマスク、その他コスプレや鳴り物(楽器)歓迎!!マヌケならマヌケなほど素晴らしい!

★もちろん予約不要。もちろん参加無料。友人などをバンバン連れて来てもらって構いません(ていうか連れてきてくれると嬉しい)

★当日はメディア関係者が取材に来ることが予想されます。関係者にはプライバシーなどに配慮した取材をするようには連絡しますが、顔などが映るのが「絶対にイヤ」という人はマスク、サングラス、帽子、その他マヌケなコスプレ(顔面を青く塗るとかw)などでガードしてください。

★前日、22日の昼13時ごろから、札幌駅付近にあるエルプラザ(北8西3)4階(男女共同参画センター)の一番会議室で、デモで使用する小道具(プラカードその他)の準備をします。もし時間に余裕のある人は、こちらから参加すると楽しいかも。
(場所など分からなかったら連絡ください)

【 主催・連絡先 】

★就活デモ実行委員会

★お問い合わせ

E-Mail: sunset-strip_028@ec.hokudai.ac.jp
Tel: 080-3532-6784(北海道大学文学部4年 大滝 雅史)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年11月12日 (木)

就活がムカつく!

この前書いた「就活くたばれ」デモの計画、ちょこちょこと進めています。

mixi上で「就活がムカつく」というコミュニティを作ったので、興味がある人はそちらを見てみてくださいな。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4630019

よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »