« 大麻について知るための三冊。 | トップページ | 就活に不満のあるすべての人へ---「就活くたばれ」デモについて »

2009年7月27日 (月)

北大大麻問題研究会とはなにものか

僕はこのブログでもさんざん書いているように、日本の大麻を取り巻く現状に非常に不満がある。

「なんで日本の大麻取締法はあんなに厳しい罰を設けているのか」

「なぜ厚労省は、科学的な根拠もないのに『大麻は危険である』という情報を発するのか」

「なぜ、マスメディアは日本とは違う海外での『大麻事情』を報道しないのか」

大体、そんなことをいつも考えている。

で、その状態の一番の問題は、ともかく「一般の人々の大麻に関する知識が不足している」ということである。

ということで

「大麻なんてのは大したものじゃないんだ」

という認識を多くの人に持ってもらいたい、と僕は考えている。

先月、そうした様々な不満を解消すべく「北大大麻問題研究会」(あさけん)なる団体を作った!

これは、僕が友人と三人で立ち上げた団体で、活動目標は主に二つ。

一つが、大麻に関する正しい知識の普及。

そして、もう一つが(大麻擁護論含む)言論の自由の確保である。

知識の普及はともかく、なぜ「言論の自由」が出てくるかと言うと、大麻の問題と言うのは、大麻に関する誤った知識が跋扈している一方で、それに反対する声があまりに少ない状況に問題がある。もっというと、「大麻は危険なものじゃない」ということを大きな声では言えないような圧力(空気)が社会的に蔓延していることが問題なのである。ヒトラーは「大衆は、小さな嘘より大きな嘘にだまされやすい」という言葉を残しているが、大麻はまさにそのいい例である。

実際に、この会を立ち上げる前に「We Need 大麻カイキン」と書いた手書きポスターと、「目指せ、大麻取締法改正!」と書いたポスターを北大文系棟の掲示板に貼ったところ、どちらも翌日にはもうはがされてしまったのである。

一体、誰がそんなことをするのか分からないが、地味で行動力のない北大生がそんなことをするとは思えないので、おそらく大学当局などによる「犯行」だと思われる。

しかし、本来的に言って、日本には言論の自由が認められているはずであり、そうであれば仮に大麻が法律で禁止されていようとも、それに反対する(つまり、その法律自体に反対する)主張であっても認められるべきはずである。変な話、「大麻を解禁しろ」ということもいえないで、何が言論の自由かとさえ思う。

また、前にもこのブログで書いたが、僕は先日の北大祭の「政治主張禁止」条項にも大きな危惧を抱いていた(北大祭の「政治主張禁止」はダメ!ゼッタイ!)。そのため、「北大内の言論の自由はどうなっているんだ」と考え、それを守るためにも行動しなければいけないと思ったのである。(「行動しなければいけない」などと書くと堅苦しいが、大体問題というのは起きた後から「あのときこうしていれば」と考えるのがいつものことで、大事になってしまう前に対処するのが一番なのである)

ともかくそうした意図で、この会を作ったわけである。

近々、チラシを大量に刷ってまく予定。

興味のある方は、あさけんのブログをごらんいただければと思う。会員募集中である。

→あさけんの「大麻ってそんなに悪いものじゃないよ」blog http://ameblo.jp/nograssnolife420/

|

« 大麻について知るための三冊。 | トップページ | 就活に不満のあるすべての人へ---「就活くたばれ」デモについて »

timer(大麻)について」カテゴリの記事

時事的なこととか、政治的なこと」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
大麻政策改正機構(Rivise Cannabis Policy Foundation、略称rcpf)の設立を目的とする個人による非営利のウェブサイトを運営している野中と申します。
 言論の自由を確保することは民主主義を成立させる大前提ですね。私のサイトも是非ご覧ください。
 サイトに登録して頂ければ、コメントやフォーラムの利用も出来ますので、是非、ご意見をお聞かせください。
よろしくおねがいします。

投稿: 野中 | 2010年4月18日 (日) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1235827/30712547

この記事へのトラックバック一覧です: 北大大麻問題研究会とはなにものか:

« 大麻について知るための三冊。 | トップページ | 就活に不満のあるすべての人へ---「就活くたばれ」デモについて »