« なんでも民営化すれば良くなると思った大間違い---『ルポ貧困大国アメリカ』 | トップページ | 平和教育とファシズム→言論の自由について考える »

2009年5月26日 (火)

圧倒的な暴力と感情

- ちょっと話題になっていた「性暴力ゲーム」について、思うところを書こうと思って、ネットを徘徊していたら、こんなページ(→性暴力サバイバー用ひとりごと(レス無し)掲示板)を発見してしまった。

女性よりも男性、一度は見ておいたほうがよろしい。

こういう問題に明らかになるように、事実の冷静な記述は実際に被害にあった人の心境を表現しきれない。その場合は、文章自体は断片的でも、心情を正確に吐露したものの方が当事者の「実感」が強く伝わってくる。

だから、過去に起きた出来事の理解のためには、事実の整理だけでは不十分で、当事者の実感を知るということが不可欠なのだ。 そんなことを最近、思う。

|

« なんでも民営化すれば良くなると思った大間違い---『ルポ貧困大国アメリカ』 | トップページ | 平和教育とファシズム→言論の自由について考える »

時事的なこととか、政治的なこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 圧倒的な暴力と感情:

« なんでも民営化すれば良くなると思った大間違い---『ルポ貧困大国アメリカ』 | トップページ | 平和教育とファシズム→言論の自由について考える »